こちらの事情

こちらの事情

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

15万部を突破した『家族の言い訳』の著者が描く、涙の短編集。母を老人介護施設に預ける息子の心中を描いた『荷物の順番』や『晴天の万国旗』はラジオドラマ、試験問題になった出色の感動作。

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2016年11月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2011年08月08日

    『家族の言い訳』に続き、森浩美さんの家族シリーズ2作目。

    こちらも家族をテーマにした短編集なのですが、
    『こちらの事情』は『家族の言い訳』よりも
    少しばかり主人公の年齢層が上がっています。

    さくさく読める文章なのですが、
    1つ1つの話が心にぐっと来るので
    読み終えるのが惜しくなってしまいます。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月03日

    家族は、良いなと思うときもあれば、その反面煩わしいなと思うこともある。
    しかし、ずっと会わないとまた会いたいと思えてくる。
    他人とは絶対に分からないことが、この本を通して見えてくる。

    今一人暮らしをしてる人は、自分の両親や妹、姉、弟、兄のことをどんな風に思って日々過ごしているんだろう。
    一日のほん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月06日

    何の気なしに手にとったのに、泣かされてしまった。
    家族をテーマに書かれた8作品の短編が胸に響く。
    こんなに上手くいかんやろと思うこともあるけれど、気持ちの描写が繊細で家族に会いたくなる。

    本当に家族って不思議。
    でもやっぱり嫌いになれない、大切な存在。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月07日

    特に印象に残るお話というわけではないが、さらっと読めて、なんとなく「いい感じ」のお話が集まってる本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月12日

    表紙裏
    愛の消えた生活、ままならぬ人生・・・でも、人は努力する。そこにドラマが生まれる。「どの物語にも最後は“光”を残した。“救い”と言い換えてもいい」(著者あとがきより)。『晴天の万国旗』は数々の試験問題に、そして『荷物の順番』『短い通知表』『福は内』はラジオドラマの原作に選ばれた、珠玉の短編集。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月19日

    ラジオドラマっていいですよね。

    最近はラジオなんてほとんど聞かないけど、若かりし頃は夜はラジオを聞きながら勉強という定番スタイルでした。

    テレビの映像があると、俳優のイメージが重なってしまうけど、音だけの世界だと、自分の思いや経験が頭の中で映像となって自分だけの世界が広がる。

    本を読んでいるの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月26日

    *晴天の万国旗...リレーの選手に選ばれた息子だが...
    *葡萄の木...ぶどう狩りの前夜に起った小さな事件
    *甘噛み...母との旅行はペットの子連れ
    *短い通知表...家族で付けあっていた通知表
    *福は内...疎ましい田舎の親の深い温情
    *靴ひもの結び方...キャッチボールを余所の子と楽しむ夫
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月09日

    どの短篇集も、様々な事情に悩まされながらも頑張ろうとする様が良かったです。
    中には、最後「それは都合が良すぎるだろう!?」という作品があったけど。
    後書きによると作者自身が分かっててあえて描いたそうなので。
    それはそれで良いのだろうと思うようにしました。(^_^;)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月03日

    「家族の言い訳」を読んでいなくても十分に楽しめるというか、
    感動しきりでした。短編どれもが長編にしてほしいほど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月09日

    通知表とキャッチボールの話もよかったけど、最後の話が一番好き。おばあちゃんが語った手の話には優しさが詰まっていて妙な説得力があった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています