教養としての「昭和史」集中講義 教科書では語られていない現代への教訓

教養としての「昭和史」集中講義 教科書では語られていない現代への教訓

作者名 :
通常価格 864円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

★新しい昭和史の見方を伝える!

山川出版社の『日本史B 高校日本史』(81 山川 日B308)における戦前昭和史を、「教養」として読み直す!
実際の教科書と対比しながら、「大事なのに触れられていないこと」「さらっと記述があるだけだが、実は背景にこんなことが」という解説で、歴史の本質がつかめる!
「そんなに簡単に平和な世の中から戦争の時代へとシフトするのだろうか?」といった疑問。それは、個々の事実をつなぐ様々な出来事が教科書では端折られてしまっているから。本書では、そうした隙間を埋め、かつ簡素な記述の裏にある今日的な意味に光を当てながら昭和史を振り返る。

・戦前昭和の歴史を学ぶことに今日的な意味が見出せない、そんな人こそ目からウロコの内容
・いま以上に先行きが不透明な時代に、先人はどのように行動し、それがどのような結果をもたらしたのか?
・二大政党制の機能不全ないし限界についても、戦前と比較して考えることができる!
・当時の国民目線になって考えるという意味で、現代を生きる私たちが戦前昭和を身近に感じられる点。それは、当時の日本も格差社会であったこと。
・当時の国民だとしたら? 新聞やラジオが戦争熱を煽っていくなかで、あなたは「それはおかしい」といえるのか。あるいは「おかしい」と発言すること自体、英雄的な、正しい行為だといえるのか。

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
SB新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2016年11月04日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年01月08日

 軍国主義、国体、大東亜共栄圏などキーワードは覚えていましたが、第二次世界大戦に参戦した理由はボンヤリしていました。本書では志那事変を中心に太平洋戦争に突入していく様子、また、度々戦争回避する機会があり、参戦が必然ではなかった様子が説明されています。戦前の日本が二大政党制の弊害により意思統一しきれな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月02日

歴史の振り返る事の大切さについては皆が認める。しかしそれは教科書の暗記として表面の事象を知る事ではなく、背景にどの様な状況があったのか、本来の目的はどこにあったのか、何故意図したことと反対の方向進んでしまったのか、を知る事が必要である。

この本に書かれている時代は、自分が経験する以前の話ではあるが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月16日

<目次>
はじめに  昭和史を「教養」として読み直す
第1章   昭和初期の人たちは、案外今の私たちと似た状      況にあった
第2章   満州事変はなぜ後戻りできなくなったのか
第3章   復活の兆しのあった政党内閣と日中戦争の泥沼      化
第4章   避けることのできた日米開戦
第5章...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「学術・語学」ランキング

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play