こちら文学少女になります

こちら文学少女になります

作者名 :
通常価格 1,527円 (1,389円+税)
紙の本 [参考] 1,925円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

文学少女の私が、青年漫画の編集者に!?
青年漫画誌に配属になった新人女子。大御所を怒らせ、童貞の作家に戸惑う日々だが――。
25歳期待の新人による長編エンタメ!

「漫画なんて、くだらない」
入社一年目、ザ・文学少女山田友梨が配属されたのは、男だらけの青年漫画誌「ヤングビート」編集部。
大物作家を激怒させ、長寿連載「解決屋一平」はまさかの終了。
童貞が主人公のエッチ漫画「いまだ、できず」の人気は急降下。
雑誌を牽引する大ヒット作「キヨのひらく箱」には激しく心を動かされるが、担当なのに作者とは一回も会えない。

第16回ボイルドエッグズ新人賞受賞の新鋭が描く、イタくて深い、新感覚!青春感動物語

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
304ページ
電子版発売日
2016年10月14日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

こちら文学少女になります のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年12月24日

    118業界のことは知らんけど、登場するみんなが楽しく苦しんでる姿が生き生きしてていいね。文章もストーリーも破綻なくスッキリ読めました。次作もあるのかな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月02日

    面白いなぁと思う物語はどのキャラクターも生き生きその風情が目に浮かぶ動きや感情を描写されている。これもそう。直前に「ヌードが分かれば美術が分かる」を読んで、次にこの「エロと向き合う」エピソードというのも面白かった要因か。女の裸は男にとって云々。主人公が堂々と下ネタも口に出せてしまう辺りは男性作家所以...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月29日

    主人公の出だしの冷めた感じからは、この熱さは想像できなかったな。
    伏線も謎もあったりで一気読み。
    好きだな、熱のあるお仕事小説!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月14日

    漫画を読まない文学少女が配属されたのは青年漫画誌。ちょっとファンタジーありのお仕事小説。大御所先生との関係が面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月20日

    漫画好きの小説嫌いな人にもオススメしたい。出版社の漫画編集に配属された文学少女、山田友梨。不本意な部署配属やセクハラに怒りつつも同僚や漫画家との間で交わされる軽妙な会話とか、内心のツッコミとか楽しめます。漫画編集という自分にとっての未知の世界を垣間見ることが出来るし、お仕事小説のような印象でした。著...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月07日

    漫画を読んだことのない友梨が漫画家や編集者と関わり合いながら、徐々に漫画編集者として成長していく物語。

    漫画家にも編集者にもそれぞれ仕事に懸ける思いがあって、どの登場人物もしっかりと内面が描かれていた。

    でも、それ以上の思うところがあまりなくて、並のお仕事小説の域を出ない。

    漫画家なら柳沼先生...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年07月27日

    小嶋陽太郎らしいというか、さすが楽しませてくれるエンタメお仕事小説。
    可愛くはないがブスではない(自称)、巨乳(自他ともに認める)の大卒新人文学少女が、よりによってコミック誌の編集に配属される。

    そっからはもう、ジェットコースター。大御所漫画家に留めを刺すわ、覆面作家の謎を暴くは、チラエロコミック...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年05月21日

    文学大好きな友梨が配属されたのは、ゴリゴリの青年漫画編集部だった。

    これまでの人生で漫画とまったくの無縁だった友梨が
    男だらけの青年漫画ヤングビートを担当することになり、戸惑う連続の日々。

    ヤングビートの柱ともいえる大御所漫画家を激怒させ、突然の連載終了宣言。
    童貞漫画の担当になり人気が落ちてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年04月28日

    いいものはいい、悪いものは悪い、と大御所にでもはっきり言ってしまう新人編集者の山田や、一見チャラい大沢。表面的には眉間にシワを寄せたくなるようなクセのあるキャラクターがわんさか登場する、とある出版社が舞台の話ですが、仕事に信念、情熱を持っている人ってとても惹かれる。

    不覚にも編集者、章の柳沼先生と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

こちら文学少女になります に関連する特集・キャンペーン