メタモルフォーゼの女 スミレ色の手紙

メタモルフォーゼの女 スミレ色の手紙

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

少しでも虫が好かない相手に、私は嫌がらせの言葉を記した『スミレ色の手紙』を送る。
深い恨みはあるわけではない。うるさい親戚。学生時代の同級生。勤めていた頃の同僚。嫌みな上司。
先日は態度が悪かったコンビニの店員への手紙を注意深く作っている。
この手紙が大きな災禍となったのは、私の手紙を契機に隣の部屋に住む女が自殺したことからだった。その死に私は責任がない。そう考えていた、あの女が登場するまでは……。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎plus+
電子版発売日
2016年10月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • メタモルフォーゼの女 スミレ色の手紙
    少しでも虫が好かない相手に、私は嫌がらせの言葉を記した『スミレ色の手紙』を送る。 深い恨みはあるわけではない。うるさい親戚。学生時代の同級生。勤めていた頃の同僚。嫌みな上司。 先日は態度が悪かったコンビニの店員への手紙を注意深く作っている。 この手紙が大きな災禍となったのは、私の手紙を契機に隣の部屋に住む女が自殺したことからだった。その死に私は責任がない。そう考えていた、あの女...
  • メタモルフォーゼの女2 生まれなかった子供たち
    俺は平凡かもしれないが、恵まれた日々を過ごしていた。有名な大手食品会社に勤め、元ネイリストの妻には欲しかった子どもを妊娠中。そしてバーで知り合った神秘的な愛人もいる。だがその幸せも妻が流産するまでだった。 妻の流産は事故だったのか、それとも……。疑念が膨らむ中に届いた1通の脅迫状。そこには埋め尽くされた「流産しろ」の文字。得体の知れない悪意が押し寄せるような気配の中、俺の人生は...
  • メタモルフォーゼの女3 月の裏文明委員会
    出版社で編集者をしている僕は、好き勝手に生きている。仕事は順調だが、妻や拒食症で引きこもりの娘がいる家には帰りたくない。帰らなくても妻が不満を言うことはないし、家庭を壊す気持ちもない。そう思っていた、半年前までは。半年前、家の近所にベリーショートの髪型が印象的な美貌の女が子ども連れで引っ越してきた。彼女は三年前に数ヶ月だけ付き合った不倫相手で、その子どもが僕の子どもだと言う...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています