谷間の百合

谷間の百合

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

充たされない結婚生活を送るモルソフ伯爵夫人の心に忍びこむ純真な青年フェリックスの存在。彼女は凄じい内心の葛藤に悩むが……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2016年09月23日
サイズ(目安)
4MB

谷間の百合 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年12月08日

    ドストルストイの御二大作品は
    キリスト教及び欧州歴史が成す知識を前提としているかんじで
    現在日本でのほほんとしている身には
    板書している言語はしれても
    その説明するところが皆目見当つかない心地だが
    同じ人間喜劇でもこちらは修辞が比較わかりやすい気がする
    訳者の手腕が並外れているだけかもしれないけれど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月16日

    アンリエットからフェリックスに宛てた最後の手紙、これを読むまでは、なぜアンリエットが悲しみのために死ななければならないのか、理解できなかった。自らプラトニックで肉親的な愛を求めておきながら、フェリックスの恋愛にショックを受けるいわれがないように思えたから。
    しかし死後に読んでくれと手渡した手紙により...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月20日

    やはり物語というものは悲劇であるべき。ハッピーエンドには美しさがない。個人的にはゴリオ爺さんの方が好み。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月21日

    高校三年生の夏の読書感想文で読ませられました。
    私にはまったく理解不可能な世界でした。
    主人公たちは恋に恋している模様。
    結局あんたら何したいわけ?とツッコミながら読んでおりました。
    500ページも読ませた揚句、あの結末はないよな、と思いました。
    痛快と言えば痛快なのですが、そこまでのくだりが長い…...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月09日

    ゴリオ爺さんのような滑稽な人間描写が主かと思ったバルザック作品だったが、本作は実に情緒的な恋愛の姿が描かれている。文描写の圧倒的な実力も流石だなという印象。
    古典的でベタな物語でもこれだけの質感に導きく実力は物凄い。本作が傑作と云われる所以とバルザックの本質的な実力がよくわかる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月15日

    高校の頃、一度読みました。
    最近は外国文学はあまり読まないのですが、急に思い立って購入。
    折り重なる言葉のひだの多さに圧倒される。
    最近読んでいた本とのあまりの違いに、同じ文章でこんなにも違うものかと。
    登場人物の手紙の長いことと言ったら・・・作者はフランス革命時代の人ですが、その時代には、教養ある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月27日

    美しい翻訳は、充分たのしめる。
    内容は究極のマゾヒスト同士のストイックな恋愛に
    サディストガ乱入し、常人が退却宣言をするという物語。
    それぞれの心の逡巡がこれでもかと語られ、手紙に綴られ、ある意味自己主張のぶつけ合い試合の様相。
    こんなにくねくねものを考えられるのかと感心してしまった。
    古今の名作は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    充たされない結婚生活を送るモルソフ伯爵夫人の心に忍びこむ純真な青年フェリックスの存在。彼女は凄じい内心の葛藤に悩むが……。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年04月17日

    モルソフ夫人が死んだ後、マドレーヌに対して話すときの自己憐憫がしつこくてちょっと苛々しました。
    文章は全体的に綺麗な比喩が多くてとても綺麗な文章で、描写のこういう濃さとても好みです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年01月03日

     ナタリーというこの作品では登場しない人間喜劇の人物に向けてフェリックスという男性が自分の半生を綴る物語。
     前3分の2のフェリックスが恋した人妻アンリエットとの仲良くなる過程は冗長に感じられたものの風景描写や感情の揺れ動きが丁寧に描かれ綺麗でそれを楽しむ作家かと勘違いしていた。後ろ3分の1になって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング