国家を考えてみよう

国家を考えてみよう

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 902円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「国家」は「誰かえらい人のもの」ではなく、「国民のもの」で「みんなのもの」だということをこの際はっきりさせておかなくてはなりません。そうでないと、うっかりだまされるなんてことになります。とはいえ、実際のところ「国家」や「政治」を考えるのはなぜかとても難しい。大体、日本で「国家」や「政治」のことを考えているなんてことを言うと、だいぶ変わった人と見られるが、それはなぜなのでしょうか。それらの秘密を解くカギは、日本の国の成り立ちにあります。その道を辿りながら、橋本さんと一緒に、今こそ国家というものの本質について丁寧に考えてみましょう。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくまプリマー新書
電子版発売日
2016年06月10日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

国家を考えてみよう のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月02日

    橋本治氏の本は、不思議なもので、参考文献をほぼ明記していない。
    これは、自身が語る内容に、よほど自信があるか、
    周囲がそれでも良いと認めているか、どちらかだ。

    私は、後者だと思う。
    固定ファンがいるのもそうだが、誰も氏に対して、
    批判できないほど、橋本氏は、「他者の人」である。

    この本で引用され...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月07日

    これは『平成の学問のスゝメ』ですな。政治の事はよくわかんない、と言って勉強もしないでバカのままでいると、変な人に騙されていつの間にかナチスのようなことになってしまうよ、という啓蒙書。若い人にはぜひ読んで欲しいね。
    こういうことは義務教育でちゃんと教えて欲しかったな。断片的な知識だけ詰め込まれても、こ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月13日

    橋本治氏が亡くなられたので、密かに追悼の意味を込めて、出来るだけ時間を見つけて氏の作品を読んでみようと考えている。
    新書でこの限られたスペースのなかで深みのある、歴史の視点をもらった。
    そして何よりずっと思っていた『もう、このシステムでは社会はまわらない。そろそろ民主主義に変わる新しい政治システム...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月05日

    国家と国民について、分かりやすく解説している好著だ.第4章で、国家主義の本質を述べているが、憲法と密接に関連する由.現政権は憲法の重要さを理解しておらず、一般の法律のようなものだと誤解している.国民をないがしろにしているようで、十分に注目しておく必要があることを痛感している.最後に出てきた文言は良い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月23日

    明治憲法への回帰を夢見るジジイに、この一節を贈りたい。

    >ファンタジーではないので、「この耀かしい鎧を着れば、たちどころに荒廃した国家は甦って、栄光の姿を現す」ということはないのです。

    自分たちが国に身を捧げるのは勝手だけど、若い世代を御伽話の世界に引っ張り込むのはやめなさい。

    これ以上、日本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月17日

    国家とは、国民である。
    国家とは、領土である。
    国家について2つの考え方がある。
    言われてみれば、確かに。
    国家=国民とばかり思っていたが、過去の歴史を振り返れば、当時は領土という考えが当たり前であった。
    そればかりか、国家という概念さえなかったのである。
    国家とは何ぞやと著者の持論が展開される。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月19日

    知的6
    かかった時間65分

    国家について考える新書。ちくまプリマーは大好きだ。

    さて、本書は国家の2つの定義や成立までの歴史、その浅さなんかを述べたのち、最後の部分でナショナリズムについて語る。曰く、国家の危機に国家主義が台頭して独裁的な体制が望まれ、生まれやすくなる、と。
    また、憲法がほんらい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月25日

    あまり新書を読まないバカな私
    バカな国民でバカな民主主義を信じてる私

    若い人に向けて書かれた本だけれど
    もう一度国家について考えるのは老人にも必要だろう

    我が国、心配だもんね
    向かう方向違ってるよ

    歴史、漢字、なるほどなあ

    作者68年の駒場祭のポスター書いた人だったんだね
    「とめてくれるなお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年08月14日

    民主主義の政治は、国民の頭のレベルをまともでかなり高いものと想定して、前提にしている。つまり、民主主義の社会に「バカな国民」は一人もいないことになっている。「その国の政治のレベルは、国民のレベルの反映」、愚かな政治家を選ぶのは国民の責任である。



    「国家には二段階の歴史がある」

    ○国家を英訳 ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています