バー・スクウェアの邂逅

バー・スクウェアの邂逅

作者名 :
通常価格 680円 (税込)
紙の本 [参考] 799円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

休みの前日は痛飲し、決まった店では飲まないことを信条にしている、大阪府警薬物対策課の刑事・三田。彼はある夜、酔っ払いに絡まれていたアリサと名乗る女を助けたことをきっかけに、バー『スクウェア』を訪れる。そこには謎めいたバーテンダー「名無しのリュウ」、店の常連で元ボクサーの実業家・宇多島がいた。三田は度々店を訪れるようになるが、やがて彼が追う薬物絡みの事件の陰にリュウたちが見え隠れするようになり……。『スクウェア』を舞台に繰り広げられる、友情と駆け引き。一癖ある男たちの活躍を鮮やかに描く、連作ミステリ第1弾。

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
302ページ
電子版発売日
2016年03月25日
紙の本の発売
2016年03月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年03月16日

本作は、雑誌連載を“底”としながら単行本化、更に文庫化という経過を辿っている。或いはそういう“履歴”の作品には、こうした「短篇の連作」というような体裁がフィットするのかもしれない。
全編を通じた主な視点人物は刑事である三田という男だが、他の作中人物達を主要視点人物に据えた、少し笑える挿話も挟まってい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月18日

街は大阪。

デッドエンドストリートにそのバーはあった。

大阪府警薬物対策課の刑事、三田はひょんなことからそのバーを訪れ、バーの雰囲気、そして謎めいたバーテンダー、リュウや常連の元ボクサー、宇田島の持つ魅力にひかれはじめる。

しかし、薬物がらみの事件に二人の影が見え隠れして…。

6つの短編から...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月11日

ミステリーというよりもハードボイルド小説といったほうがいいかもしれない。主人公は麻薬課の刑事で、薬物使用や密売といった事件を追うが、そこにバー・スクウェアの謎のバーテンと元プロボクサーの男が暗躍する。
3人が出会うバー・スクウェアが物語の中心にあるものの、3人が協力して事件にあたるような話でもない。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月08日

まさかの大阪が舞台の連作短編。
身近なミステリとはちょっと言い難い警察もの?
しかし、まさか、あのバナナホールが閉店してたとは、作者のあとがきで知った。
という訳で、下手に土地勘があるだけに、街の情景が行間に浮かぶように読めて面白かった。
大迫刑事のスピンオフのような話、最高ですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月27日

福田和代による、大阪の小さなバーを舞台にした連作短編ミステリ。
謳い文句の様な男たちの話というより、ハードボイルド色が強めの刑事もので、よくある連作短編集だった。
しかし、多様な個性を持たせた登場人物たちは確かによかった。派手な設定や大袈裟なエピソードがあるわけではないが、読んでいてなんとなく呑まれ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play