性のタブーのない日本

性のタブーのない日本

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 858円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「目が合う」ということと「セックスをする」ということの間に大きな一線がなかった古代。「優雅な恋物語の世界」と思われがちな平安時代ですら、文学や絵巻物からは、強烈な「人間生理」とともに世界を認識していた日本人の姿が浮かび上がる。歌舞伎や浄瑠璃の洗練されたエロチック表現や、喜多川歌麿の錦絵に見られる独特な肉体観など、世界に類を見ない、性をめぐる日本の高度な文化はいかに生まれたのか? 西洋的なタブーとは異なる、国民の間で自然発生的に理解されていた「モラル」から紐解く、驚天動地の日本文化論。【目次】タブーはないが、モラルはある Introduction――現代の日本に性表現のタブーはあるのか?/第一章 それは「生理的なこと」だからしょうがない/第二章 「FUCK」という語のない文化/第三章 男の時代 ※カラー口絵は未収録となります。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
248ページ
電子版発売日
2016年02月19日
紙の本の発売
2015年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

性のタブーのない日本 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年07月09日

    いろいろ雑な感じはあるが、
    単純に面白かった‼︎
    読みながらいろいろ笑ってしまった。
    小柴垣草子は初見ながら
    なんか予想外にリアルで笑えた。
    つまり、性はそんなもんでいいんじゃないかと。
    確かにそのものの動詞がないことも納得。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月01日

    明治以前の日本社会には、性的モラル(道徳的規範、価値観)はあったが、性的タブー(許されない、非難されるべきこと)はなかった。

    題材として、『古事記』『源氏物語』や絵巻物、春画などが取り上げられ、それらが今風の言葉で冗談交じりに解説される。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月24日

    日本人は性におおらかだと思う
    タブーはないがモラルはある
    恥の文化が熟成されていく過程である

    古代において子孫繁栄は願いであった
    性が生理生活だった
    政治組織が出来上がり直接表現する時代になっていく

    言葉の解釈表現が現代的でわかりやすい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月12日

    浮世絵の乳房の表現方法から,江戸時代の男はおっぱいは赤ちゃんが吸うもので性的な対象とみていなかったという説を唱えている.面白い視点だ.源氏物語に出てくる「女にて見ばや」という語句をベースに平安時代の男女関係を解説している第3章が面白かった.美男を見て"女だったらいいな.やっちゃうんだけど」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月04日

    日本の古代には性的タブーというのはなかった。ただそこにモラルがあったというだけです…やっちゃいけないよというモラルがあるからそれをつい隠してしまう。そんなことをしているとロクなことにならないから、神様にお願いしてその隠していたことをオープンにして、祓ってもらってすっきりするーそれが大祓なるものを行っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月15日

    そういえば性に関することで罰が当たるってあまり聞きませんね。
    橋本先生はこんな単語も使うんだとういリアルな単語にちょっと驚きました。赤面しちゃった(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています