銀河系惑星学の挑戦 地球外生命の可能性をさぐる

銀河系惑星学の挑戦 地球外生命の可能性をさぐる

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

天文学の最先端が、SFの世界観に近づいてきた!

1995年の系外惑星(太陽系の外の惑星)発見以降、惑星学のフィールドは太陽系から銀河系へとドラスティックに変化し続けている。太陽系と系外惑星の異なる点や、惑星や惑星系の生まれ方といった基本的知識から、系外惑星探査の最前線まで、惑星科学分野の泰斗である著者が易しく網羅的に描く、驚きと興奮に満ちた一冊。

[内容]
はじめに──惑星の謎を解けば宇宙がわかる
第1章 SFに追いついた天文学──惑星探査の現状
第2章 人と惑星──コペルニクス的転換が起こるまで
第3章 太陽系の誕生
第4章 惑星系はこうして生まれる
第5章 惑星の新しい定義とは
第6章 銀河系惑星学を拓いた二大発見
第7章 生命を宿す星はあるのか
おわりに

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
NHK出版
掲載誌・レーベル
NHK出版新書
シリーズ
NHK出版新書シリーズ
ページ数
248ページ
電子版発売日
2015年12月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

関連タグ:

銀河系惑星学の挑戦 地球外生命の可能性をさぐる のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年04月28日

    よくある話しかと思いきや、様々な興味深い脇道を通って、生命探索への途を指し示す。講演を元にしただけあって、かなり読みやすい。惑星学が惑星科学に。そして銀河系惑星学へとパラダイム転換を遂げる過程に知的な興奮を覚えた。包括的な惑星にかんする知識が得られる。

    ・1日を24時間に区切り、7日で1週間という...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月09日

    惑星探査や観測の意義がよく分かります。太陽系や地球がいかに例外的な存在かなど、普通の人向けに分かりやすく語ってくれる好著だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月19日

    宇宙の本はいつ読んでも「なんでそんなことがわかるの?」という驚きばかり。本書も例に漏れず。おもしろい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています