大長編ドラえもん7 のび太と鉄人兵団
  • 完結

大長編ドラえもん7 のび太と鉄人兵団

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
紙の本 [参考] 499円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

●あらすじ●のび太が北極で拾ったものは、なんと巨大なロボットの部品だった!! さっそく組み立てると、のび太とドラえもんは、しずちゃんをさそって逆世界に入りこみ、巨大ロボットを乗り回して遊んでいた。ところが、そこでとてつもないことが判明する。この巨大ロボットには、ビルを一撃で破壊してしまうほどのおそろしい武器が備わっていたのである!! あわてた三人は、このことを秘密にしようと約束しあう。しかし、のび太は不思議な少女リルルと出会い、ついその秘密を話してしまう。それが原因で、やがてのび太たちはとんでもない事実と直面する。なんとリルルが、逆世界を地球侵略のための秘密基地にしたてあげていたのだ。まもなく地球人を捕獲するための侵略ロボット集団、鉄人兵団が地球にやってくるという。そうなれば地球は、そして、のび太たち人間は、いったい、どうなってしまうんだろう!? 愛と勇気と友情たっぷりの大長編シリーズ第7弾!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
コロコロコミック
シリーズ
ドラえもんシリーズ
ページ数
192ページ
電子版発売日
2016年01月08日
紙の本の発売
1987年01月
サイズ(目安)
46MB

大長編ドラえもん7 のび太と鉄人兵団 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    人とロボット

    冴野 2020年02月13日

    人とロボットの関係というのは大長編ドラえもんにおいて普遍的テーマだと思います。AI技術が発達し、この作品に登場するようなロボットたちが現実味を帯びてきた現代においてとても考えさせられるなぁと思いました。個人的に、リルルは大長編シリーズで一番好きなキャラクターです。ラストシーンは何度読んでもぐっときま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月20日

    他の方が大変有意義なレビューを書いていますので詳しくは書きませんが、子供の頃見たこの本や映画版で、20年後に再読してまさか涙を流すとは思いませんでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月04日

    ガンダム系(って言っていいのかよく分からんのですけど)に対するパロディなんじゃないかと昔から思ってます。そんな意味ありげに描かなくても、こんな感じでもいけるでしょう?という軽やかさ。劇画・オバQみたいなもんです。ということは置いておくと好きなシーンはリルルさん消滅なんですけど、泣く二人の手前で博士に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月31日

    映画でも観たことのある作品の1つ。
    やはり大人になって読むと、示唆に富む名言があちらこちらに鏤められている。

    「みんなが競い合えば、それにつれて社会も発展していく。ただし、ひとつ間違えると…、自分の利益のためには他人をおしのけてもという…、弱い者をふみつけにして強い者だけが栄える、弱肉強食の世界に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月24日

    初めに書いておくが、以下は決して批判ではない。わたしがこの作品から受けた圧倒的な感動も、作家の偉大さも、最早傷一つつけられるものではない。
     
    大人になってから再読しての印象は、「小さい」ということと「速い」ということである。前者がどういうことかといえば、ザンダクロスの部品が落ちてくる場面や、氷原を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月24日

    幼稚園のころよりロボット大好き人間だった僕は、この『鉄人兵団』も大好きでした。同時に、リアルなロボットたちと容赦ない攻撃の数々、怖すぎでした。でもって、リルルのセクシーなシーンが多くてドキドキでした。鏡面世界にも憧れたものです。

    最後のリルルとしずかちゃんのお別れのシーンは、映画ドラえもんの中で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    これはロボットとロボットの大戦争です。そして、少女リルルに出会った。いい人と思ったのにリルルが悪い人です。でも、最後友達の友情を感動されて、皆を救うために、身を犠牲にした。ちょっと悲しいと思う。これはロボットのことちょっとびっくりです。最初、リルルは人間と思ったのに正体はロボットです。こんな念入りな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    映画化は9作目くらいまでがすき。
    リルルの原型は「タイムパトロールぼん」の女の子じゃないかなーと、あやふやな記憶で考えてるんだけどマイナーすぎて誰にも言えない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月28日

    まづ、他の諸長編と違って
     aまぁ架空の世界をでっちあげようとはしてゐるが、そこには土人がゐない
     bその世界を、どっかから侵略に来たナニを邀へ討つためにドラえもんとかが使ってゐる
     cタイムパラドックスのいろいろはいいとして、他の長編では存在する、「仲良くなるべき土人」がゐない状態で、向ふの人と仲...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月19日

    大長編ドラえもんの7作目・のび太と鉄人兵団。

    人間を支配しようと地球へ攻め込んでくるのは、遠い宇宙で発達したロボットの軍団。進化し過ぎた技術が起こす危機のお話。

    ロボットのリルルとしずかちゃんの交流が世界を救う。友達になれたかもしれない。そう思ったから、友達のために自分たちの世界をやり直すことを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

大長編ドラえもん7 のび太と鉄人兵団 に関連する記事