だから医者は薬を飲まない

だから医者は薬を飲まない

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

“薬は毒”“処方で金儲け”とか言う以前の大問題だ!
患者には処方しながら、自らは薬を飲まない本当の理由

「薬漬け医療」の裏側で、
患者には薬を出しても、
自分では飲まない医者の存在がある。

これは「薬は毒だから飲まない」
「どうせ医者は処方するだけ儲かるから」
といったことだけで語られがちである。

だが本当は、臨床・研究・教育を司る医学部、
検査基準を作る厚生労働省、
新薬を開発する製薬会社といった
薬漬け医療を生み出す現行の制度、
さらには患者に薬を出さねばという強迫観念といった
医者を取り巻く環境がそうさせているのだ。

一方で、医者は職業がら
患者や老人の死と向き合う機会が多いことから、
「薬を飲んでまで長生きしたくない」
「自分や家族には飲ませたくない」
と内心思っている
薬嫌いの医者も多いのも事実である。

本書は、老人医療に携わり多くの患者の実態を知り、
『医学部の大罪』『だから、これまでの健康・医学常識を疑え!』
などの著作がある著者が、
多くの医者があまり語りたがらない
「薬を飲まない本当の理由」を解き明かすことから
日本の薬漬け医療の実態に迫る最新刊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 医学
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
SB新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2015年11月16日
紙の本の発売
2015年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

だから医者は薬を飲まない のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年06月12日

    医者と薬をめぐる事情を明かすことで、薬との上手な付き合い方を考えるきっかけとして欲しい。薬を要求する患者、数値だけを見て基準値にするための薬を処方する医者。薬効と副作用はセット、栄養や食べ物が重要。治療も自分で選ぶ時代。

    医者、薬、病院、医学部、学会、製薬会社などの話題がびっしり。処方薬でこれです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月05日

    最近はこうした著書も多いんではないでしょうか? 日本人はお医者様をありがたがる傾向にありますからね…社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    お医者様と製薬会社との癒着が垣間見れる本です…日本の医療界はこうした癒着が原因で他の先進国と比べて医療の進歩が遅いんだそうな…こりゃどうにかしなくてはいけない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月24日

    和田秀樹氏の本は、読みやすい。共感を呼ぶところも多いが、エビデンス重視といいながら最後にエビデンスのないサプリメントや統合医療を推奨しているのはどうかと思う。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年11月12日

    専門外は「今日の治療指針」を見て薬を出すので薬が多くなる

    今はタンパク質が多いので血管は弾力性がある。血圧160位でも脳卒中にならない

    開業医より大学病院のほうが薬が多い。接待、ケースシートのお礼など。
    治験の研究費。
    非加熱製剤もその可能性がある。ケースシートはキックバック。

    薬の半減期。薬...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています