英仏百年戦争

英仏百年戦争

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

それは、英仏間の戦争でも、百年の戦争でもなかった。イングランド王、フランス王と、頭に載せる王冠の色や形は違えども、戦う二大勢力ともに「フランス人」だった。また、この時期の戦争は、むしろそれ以前の抗争の延長線上に位置づけられる。それがなぜ、後世「英仏百年戦争と命名され、黒太子エドワードやジャンヌ・ダルクといった国民的英雄が創出されるにいたったのか。直木賞作家にして西洋歴史小説の第一人者の筆は、1337年から1453年にかけての錯綜する出来事をやさしく解きほぐし、より深いヨーロッパ理解へと読者をいざなってくれる。【目次】序、シェークスピア症候群/前史 一、それはノルマン朝の成立か/二、それはプランタジネット朝の成立か/三、第一次百年戦争/本史 一、エドワード三世/二、プランタジネットの逆襲/三、王家存亡の危機/四、シャルル五世/五、幕間の悲喜劇/六、英仏二重王国の夢/七、救世主/八、最終決戦/後史 一、フランス王の天下統一/二、薔薇戦争/結、かくて英仏百年戦争になる

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2015年09月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

英仏百年戦争 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月20日

    いわゆる英仏百年戦争を前史・後史含めた全体を叙述した一冊。戦争を通して変容する国家観についての考察や、ジャンヌ・ダルクについての詳述など興味深い点が多い。前に読んだヴァロワ朝と記述がかぶる点も多いけれど面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月29日

    ドーバー海峡を挟んで隣国であるフランスとイギリスが、最近まで剣呑の仲であることは承知していましたが、歴史をたどっていけばその謎も解けるというものです。

    この戦争を機に現在のイギリスとフランスの地盤が出来たといっても過言ではないでしょう。
    フランス王家から分かれたイングランド。
    フランス王家といえど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月07日

    歴史は後から俯瞰してみると、最初から間違った意識のまま見誤ってしまうことが多い。今回もそうでした。

    歴史じゃないんだ。
    生きた人間が一人ひとり動いて、そこに出来た何かが残っていくんだという事が良く分かった一冊に。

    英仏百年戦争。
    フランス人のイングランド領主と、フランス人のフランス領主との戦いで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月18日

    「王妃の離婚」や「物語フランス革命」などヨーロッパを題材とした小説で有名な佐藤賢一。エンターテイメント小説を手掛けているためか、大変読みやすく100年戦争が描かれている。
    100年戦争が終結する以前のヨーロッパは、地方領主がひしめく中、ローマ教皇や神聖ローマ皇帝が歴史を動かす軸として存在感や影響力を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月18日

    古本で購入。
    これは久々の目からウロコ本。

    高校世界史レベルの知識だと、「百年戦争」の図式は
     イギリスVSフランス
    てなところだが、実際は
     フランス人のイングランド王VSフランス人のフランス王
    という、フランス人同士の王座を巡る闘争だった。まず、ここで「おぉ」と思わされる。

    いや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月09日

    「英仏百年戦争はあったのか?」と問うところから、終章まで一気に駆け抜け、概念の再構築をしてくれる。

    「イギリス」「フランス」の成立を、制度と文化から描いているが、なぜ「英仏百年戦争」なのか、それがぴしりとわかる明晰な内容。

    この本を読んでから年表を見たり、記号にしか見えなかった王や諸侯、諸領をみ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月13日

    本書はノルマン・コンクェストからのいわゆる<英国史>を説き、「英仏百年戦争」という概念が近代に向けて中央集権国家そして国民国家史観によって成立した点を明らかにしていきます。西洋史とりわけ中世・近世西欧史で私の知識が一番混乱しているのが実はこの百年戦争前後の英仏なのですが、この頃のヨーロッパでの<国>...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月23日

    英仏百年戦争というが、英国も仏国もなかった。フランス人同士の長い戦いの中で英と仏という国ができた。というお話。なるほど。世界史詳しくないので一つ理解できなかったのが、王とそれ以外の公や伯との違い。イギリス王だって元々ノルマンディ公ですよね。でも、王になるとフランス王と同格になる?他の領主に封を与える...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月28日

    百年戦争の入門書として最適な良書。

    まず、現在語られている歴史は、国民国家の時代を生きる我々の価値観に合わせて作られたモノだと筆者は述べる。
    英国の最初の王朝はフランス人によって作られたものであり、英仏百年戦争の序盤はフランスのお家争いであったのだ。
    これは中々衝撃的な内容であった。

    その後、国...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    ・英仏百年戦争はフランドルの羊毛貿易問題、ボルドーの葡萄酒貿易問題、なかんずくアキテーヌの領有問題、フランス王位継承問題等々を争点として、中世末に行われた(1337年〜1453年)。序盤は圧倒的なイギリスの優勢で進んだ。クレシーの戦い(1346年)、ポワティエの戦い(1356年)で立役者となった軍事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています