落合博満 バッティングの理屈

落合博満 バッティングの理屈

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

落合博満の「三冠王・現役時代」の打撃理論をまとめた名著2冊(あわせて16万部)を復刊!
プロ・アマ問わず、選手および指導者、すべての野球関係者必読のバイブルです。
落合氏の冒頭の言葉が、まさに本書の趣旨そのものですので、引用します。「野球を極めていくには、野球の世界で最大限の効果を発揮する技術を身に付けることが必須だ。その中でも、バッティングの技術はいちばん難しい。ただし、そうしたバッティングにも、ある到達点にいくまでには身に付けなければならないという“基本”はあると思う。また、これをやってはいけないという“禁じ手”もある。そして、そんな要素にはすべて理屈がある。その理屈を考え、自分の形にあてはめて考えていくことが、バッティング上達への近道ではないだろうか。本書において私は、私自身が得た技術と経験によって、その近道を示していきたいと考えている。それと同時に、バッティング技術において常識として片付けられてしまっていることに、ひとつずつ明確な理屈をつけていこうと思っている」
・バッティングの基本とは?
・真に効果的な練習とは?
・ストレートとカーブをどう捉えて対応すればいいか
・道具選びはどうすべきか
・上達するための体づくりや生活習慣
・指導者はどのように選手を指導すべきか
に至るまで、「世間の常識」「本当のところ(理屈)」「具体的な実践方法」を丁寧に解いている。正しく技術を身につけ、伸ばしていくセオリーは、他のスポーツ種目はもちろんのこと仕事にも通じるものがあり、野球関係者だけが読むのはもったいないくらいの、レベルの高い内容です。

第1章 野球は理屈で考えよう
第2章 目とバッティング
第3章 軸足の使い方
第4章 下半身のメカニズム
第5章 上半身のメカニズム
第6章 スタンスについて考える
第7章 大きく速いスイングを身に付けよう
第8章 バットの選び方、握り方
第9章 野球選手のためのトレーニングとは
第10章 いくつかの“どうすればいいか”を解決する
第11章 写真で確認する正しい技術と動き
第12章 腕とバッティング
第13章 バッティング技術が向上する練習法
第14章 相手バッテリーを丸裸にする
第15章 机の上でも野球をやろう
第16章 技術も上達させる野球の考え方
第17章 選手と指導者は二人三脚でレベルアップを目指そう

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
スポーツ・アウトドア / スポーツ
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
300ページ
電子版発売日
2015年07月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
54MB

落合博満 バッティングの理屈 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月24日

    すごく勉強になるし,学びになります。
    こんな話を自分が若いころにもっと聞きたかったなぁ・・・
    なんて思ってしまうのがちょっと残念なところ・・・
    もしも,だれかに指導する機会でもあれば,参考にしたいところです。。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月09日

    これだけ打撃について理論的・具体的に書かれている書籍はありませんね。
    何回も読み返したい一冊。

    やはりプロはこうでなくちゃ!

    イチローも引退後でいいので本を出してほしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月15日

    オレ流のバッティング理論ではなく、すべての打者に共通する打撃の「理屈」を説明しているところがポイントである。
    野球という複雑な競技を、徹底的に頭を使って考え抜き、シンプルに行う、という明確な目的で著された本書は、野球人に限らずすべてのビジネスパーソンにも通用する思考法を提示している。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月06日

    現役時代、三度の三冠王を取った落合博満が文字通りバッティングについてとことん解説した一冊。

    自分は本格的な野球経験はないので、座学という形でしかないけれど、それでも色々と目から鱗になる記述が多かった。
    右バッターと左バッターの構造的な違い、スタンスに拘る必要はないこと、体形は関係なく、スイングスピ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています