何をやって見ても、一向この世が面白くない。そんな男が発見した最後の楽しみ。それは屋根裏を歩きまわり、他人に見せない醜態をのぞき見ることだった。淫靡な快楽の虜となった男が、ついには完全犯罪を目論むが!? 表題作の他、「二銭銅貨」「D坂の殺人事件」「人間椅子」など最初期の傑作群を収録。【この電子版は、註釈と「私と乱歩」を割愛しています】

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2015年07月03日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 屋根裏の散歩者~江戸川乱歩全集第1巻~
    通常版 1巻 864円(税込)
    何をやって見ても、一向この世が面白くない。そんな男が発見した最後の楽しみ。それは屋根裏を歩きまわり、他人に見せない醜態をのぞき見ることだった。淫靡な快楽の虜となった男が、ついには完全犯罪を目...
  • パノラマ島綺譚~江戸川乱歩全集第2巻~
    通常版 2巻 918円(税込)
    芸術を極限まで引き上げた、この世の楽園を夢見る男が、ひょんなことから世にも恐るべき計画を立て始める。その果てには……。奇想の決定版といえる表題作と、のぞき眼鏡に映った浴場の惨劇の謎とは?……「湖...
  • 陰獣~江戸川乱歩全集第3巻~
    通常版 3巻 864円(税込)
    ひょんな事から知り合いになった人妻から奇妙な相談を受けた私。それは元恋人であり探偵作家の男から復讐予告の手紙がたびたび来るというものだった。その復讐の内容とは? そこから発展してくる恐るべき...
  • 孤島の鬼~江戸川乱歩全集第4巻~
    通常版 4巻 756円(税込)
    大乱歩の数ある長編のなかでも最高傑作と呼ばれる「孤島の鬼」。スリルとサスペンスの饗宴。前半は本格推理、中盤は怪奇小説ふう、終盤は冒険小説と万華鏡のように彩りを変え、読者を魅了することまちがい...
  • 押絵と旅する男~江戸川乱歩全集第5巻~
    通常版 5巻 756円(税込)
    魚津から帰りの車中、見知らぬ老人の口から蜃気楼より不思議な物語が語られる……幻想文学史上に輝く表題作「押絵と旅する男」に加え、乱歩と明智小五郎の人気を不動にした傑作娯楽長編「蜘蛛男」、猟奇の頂...
  • 魔術師~江戸川乱歩全集第6巻~
    通常版 6巻 864円(税込)
    波乱に富む物語、意外で壮絶な結末。名探偵明智小五郎が生涯で最大の強敵に相対する表題作「魔術師」。骸骨怪人による恐るべき事件の捜査に明智が乗り出し、小林少年が初登場する「吸血鬼」。明智小五郎の...
  • 黄金仮面~江戸川乱歩全集第7巻~
    通常版 7巻 756円(税込)
    乱歩曰く――「もっと舞台の広い『大探偵小説』へ進出したいと思っている。今回の『黄金仮面』は実にその第一歩である。本篇活躍の主人公は、例のお馴染の素人探偵明智小五郎であるが、彼も段々に成長しつつ...
  • 目羅博士の不思議な犯罪~江戸川乱歩全集第8巻~
    通常版 8巻 864円(税込)
    都会の谷間の貸しビルの同じ部屋で連続して起こる首吊り事件。「押絵と旅する男」と並んで乱歩幻想文学を代表する表題作をはじめ、『鉄塔の怪人』の原型となった長編「妖虫」、本格推理マインドが炸裂する...
  • 黒蜥蜴~江戸川乱歩全集第9巻~
    通常版 9巻 756円(税込)
    左腕に黒蜥蜴の刺青をした美貌の女賊。社交界の花形にして暗黒街の女王。変幻自在の黒衣婦人は、名探偵・明智小五郎に挑戦状をたたきつけた。日本一のダイヤ・エジプトの星をめぐる息詰まる死闘! 三島由...
  • 大暗室~江戸川乱歩全集第10巻~
    通常版 10巻 756円(税込)
    実業家・羽柴壮太郎のもとに、恐ろしい予告状が届いた。昨今世間を騒がせている怪盗、「二十面相」からの予告状である。狙われたのは、羽柴家が所蔵する、ロマノフ家の王冠に由来するダイヤモンド。羽柴家...

パノラマ島綺譚~江戸川乱歩全集第2巻~

Posted by ブクログ 2011年11月07日

 引越しの果てに捨ててしまった江戸川乱歩全集。その中で最初に出会い、衝撃を受けた本。およそ小学生が読む本ではなかった。しばらくの間、死肉を自分の指で触った感触がぬぐえないで怖かったのを覚えている。
 おどろおどろしていたのは江戸川乱歩共通か。押し絵と旅する男、などは好きだった。おませな小・中学生だっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

黒蜥蜴~江戸川乱歩全集第9巻~

Posted by ブクログ 2016年05月15日

「黒い虹」「黒蜥蜴」「人間豹」「石榴」の4作が収録されています。
一番面白かったのは「人間豹」。乱歩のお家芸であるエログロ、明智と犯人との頭脳戦、小林少年の活躍、そして終盤のタイムリミットサスペンスといった盛りだくさんの内容が、非常にテンポよく展開していきます。大の大人の私でも童心に返ったようなドキ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

孤島の鬼~江戸川乱歩全集第4巻~

Posted by ブクログ 2013年05月04日

私が初めて読んだ(乱歩中毒にした)のは「孤島の鬼」です。
これは明智小五郎が登場しない長編です。だからシリーズを読むのが面倒な人でも読めると思います。推理・奇怪・同性愛など乱歩らしさが詰まっていて初心者でも楽しめるでしょう。
蓑浦の目線で見ると「復讐から始まる壮大なミステリー」諸戸の目線で見ると「復...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

孤島の鬼~江戸川乱歩全集第4巻~

Posted by ブクログ 2013年01月13日

孤島の鬼が好きすぎる

ミステリ・恋愛・同性愛・怪奇・冒険といろんな要素が詰まってます
とにかく個人的に諸戸が好きすぎてどうしよう…
諸戸いろんな面で辛すぎるよね
箕浦くんもう小悪魔ですよねあれは
箕浦くんからしたら諸戸の気持ちは気持ち悪いものでしかないだろうけど、諸戸の長年の想いを考えるとラストは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

陰獣~江戸川乱歩全集第3巻~

Posted by ブクログ 2013年01月13日

3巻は短編14篇収録

『お勢登場』『人でなしの恋』『鏡地獄』『芋虫』が個人的には好きかな
『陰獣』は期待値が高かったのと、犯人が容易にわかる点がいまいち…
でも最後をもやっとさせた部分は好きだな
お勢〜と鏡地獄は想像しただけで気がおかしくなりそう
人でなしの恋は案外現代にはこんな恋してる人いるだろ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

孤島の鬼~江戸川乱歩全集第4巻~

Posted by ブクログ 2012年12月20日

 文句なしの傑作ですよ、これは!!!

 まあ、多少「乱歩贔屓」も入っているかもしれませんが(笑)、それ抜きにしたって「★★★★★」の価値はある。

 特に、「孤島の鬼」。
 ミステリとしても、意表を突くトリックで息をのみ、また、裏で蠢く陰謀にもゾクリとさせられる。
 そして、登場人物は魅力的。秀ち...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

陰獣~江戸川乱歩全集第3巻~

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年11月22日

半数は再読。「空中紳士」等は初読。

・「踊る一寸法師」
 最初の描写の痛ましさと言ったら。「芋虫」でも存分に発揮されていたが、ああいう厭な情景描写は、読む者に或る種の「嫌悪感」だとか「厭世感」を与える。乱歩は特に、よく与える描写を得意としているように思う。筋については、乱歩作品を読んでいれば何とな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

屋根裏の散歩者~江戸川乱歩全集第1巻~

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年10月19日

再読。内容はネタバレ含む(覚書のため)。

・二銭銅貨
「南無阿弥陀仏」の暗号。「ゴジャウダン」は傑作だと今でも思う。点字に目をつけたところもなかなか。

・一枚の切符
博士夫人が轢死体で見つかり、殺人容疑で博士が逮捕。重石と飼い犬を使ったトリック。ただ、夫人が本当に「犯人」かどうかはぼやかされてい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

孤島の鬼~江戸川乱歩全集第4巻~

Posted by ブクログ 2012年08月21日

乱歩の長編では孤島の鬼が一番好きです。
禍々しくてワクワクする。
あの結合双生児は忘れられないキャラクターとなりました。
主人公の相棒のカミングアウトもなぜだか心に残っている。
話をまとめるのに失敗することも多かったと言う人間臭い作家乱歩。けれどここではぐいぐいとストーリーを推し進め、舞台も変え、1...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

押絵と旅する男~江戸川乱歩全集第5巻~

Posted by ブクログ 2012年07月20日

数年ぶりに「押絵と旅する男」が読みたくなり借りた。が、蟲も収録されており久しぶりにこんな気持ち悪い小説を読んだ。
蟲は伏字が多いが、期待を裏切らぬ気持ち悪さ。乱歩の世界を堪能した

このレビューは参考になりましたか?