快感回路 なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか

快感回路 なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか

作者名 :
通常価格 913円 (830円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

セックス、薬物、アルコール、高カロリー食、ギャンブル、慈善活動……数々の実験とエピソードを交えつつ、快感と依存のしくみを解明。最新科学でここまでわかった、なぜ私たちはあれにハマるのか?

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
電子版発売日
2015年06月26日
紙の本の発売
2014年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

快感回路 なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    sikamo 2021年08月23日

    これまでに読んだ科学啓蒙書の類で最高クラスに面白かった。
    学術的説明を省くことなく、だがわかりやすく説明する努力を惜しまず、頻繁に差し込まれるジョーク的記述で飽きさせない。
    読書による知的快感回路が大いに刺激された。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月03日

    「人間の行動を脳の仕組みから知る」という点において非常に良書。

    結局人間も、「快感」を追い求め、プログラムにそって「感じて」「決断して」生きてるとよくわかる。

    人間は自分が動物にしか過ぎないという答えにたどり着いた初めての動物だろう。

    科学的な本なのに、哲学な気分にさせられた
    ヽ(´o`;

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月17日

    原題「快のコンパス」。最新の脳科学の本としてべらぼうに面白く、驚きと常識が覆る事例の数々に目から鱗が溢れだすような読書体験だった。20世紀半ばまで、人間の学習は懲罰さえあれば報酬/快楽は不要と思われていたという事実は社会的基盤を考えていく上で示唆に富んでいる。快というのを遺伝子やシナプスの働きによっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月11日

    自分がこれまで味わってきた快感がある神経の動きによって引き起こされてきたということが分かっただけでも読んだ甲斐があった。この快感回路を人間が操れたら完全に人間は全知全能になる気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月03日

    この本は、メンタリストのダイゴさんがお勧めしていた本です。
    本書は、ドラッグやアルコール、高カロリー食、セックス、ギャンブル、さらに運動や慈善行為にまで影響を与える「快感回路❕」について書かれています。
    医学的用語や専門用語があり、読みにくいところもありますが、一読する価値あるの本です。

    ぜひぜひ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月19日

    ど文系の私には科学的に書いているから少し難しい所もあったが、実験のまとめ、何を意味しているのか、本題とどう関連しているのか、を丁寧にまとめてくれている親切な本。また、哲学とも絡めている点が良い。最後の「快感がありふれたものになった時、私たちは何を欲するのだろうか」は考えさせられた。

    え!そうなの!...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月25日

    秀逸なサブタイトルに無性に惹かれて購入しました。
    痛みと快感が一体・・・みたいな話はSMか!って思いました。「痛み」が注目するに値する、無視してはいけない出来事であるということに納得しました。

    深夜のカップラーメンのような低レベルの快楽に身をやつすことなく私も高度な快感回路を身につけたいと思いまし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月20日

    一般読者向けながら、ある程度高度・複雑な脳科学の知を展開してくれる、専門家による良書。
    最初の方に出てくる実験の映像が、「快感回路(報酬系)」の原型だ。ラットの脳の或る箇所に電極を仕込み、ラット自身がレバーを押せば、その電極が特定のニューロンを刺激するように設定する。すると、電極による快感に病みつき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月16日


    ■ 快楽回路
    悪徳なドラッグも、美徳とされるエクササイズも脳にとっては同じ「快楽」である。

    ■ 依存する
    依存してしまうと、思った程快楽を感じなくなる。
    しかし、しばらく間を取ってから摂取した場合、以前よりも大きな快楽を得ることが出来る「感作」が生じる。

    ■ 遺伝
    太りやすい太りにくいと言う脳...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月25日

    凄い、人の脳には知らないことがまだまだ沢山ある

    動物が変わった自慰行為をすることも、デブもコミュ障も恋愛ですらそもそも遺伝子の問題だとか、人間を知るために必読の本な気がする

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています