超したたか勉強術

超したたか勉強術

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「イスラム国」の脅威など混とんとする世界。そんな中で日本を覆う反知性主義に対抗するには自分のアタマで「したたか」に考え続けるほかない。どんな立場の人とも議論可能な論理に基づいて、歴史を解釈するための知的枠組みを英国中学の歴史教科書から学ぶ。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2015年06月05日
紙の本の発売
2015年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

超したたか勉強術 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年06月16日

    反知性主義に対してどうすればいいのか?

    自らが反知性主義に陥っていないか?

    反知性主義は自分が理解したいように世界を理解する態度をいう。合理的ではあるが実証性と客観性を欠落しているという。

    はっきりいって僕が今まで生きてきて自分と関わった人間の内で反知性主義でない人間を探す方が難しい。そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月11日

    イギリスの歴史教育を例にとり、その帝国主義の変遷から、アナロジーと敷衍という手法を教えてくれる。そうした手法は、敢えて言語化して定義せぬだけで、日常生活で自然と用いる考え方だ。我々は、教えられなくても、十分にしたたかなのだろう。

    人類の歴史は繰り返す。と、言い切らぬまでも、大衆心理における行動、政...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月03日

    恐らく再読。実践書であり、当時の時事を取り上げているので発売当初に向き合うべき本だったような気がする。日本史A、世界史A、イギリスの歴史教科書を手に読むのが正しい読み方でつらつら読むだけの本ではない。最終ページに『「一冊の本」(2014年4月号~2015年3月号)の連載「超したたか勉強術 私が外務省...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月21日

    イギリスで用いられている歴史の教科書などを題材に、心情的な反知性主義に陥ることなく、「新・帝国主義」の時代を生き抜くためのインテリジェンスの能力を磨く方法を具体的に語っている本です。

    どういうジャンルになるのか、分類の難しい内容です。いわゆる自己啓発本的な読書術でもないし、国際政治の解説書でもあり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月01日

    <目次>
    序章   「生き残り」のための技術を磨く
    第1章  「したたかさ」を身につける
    第2章  多様なものの見方をする
    第3章  「失敗」と謙虚に向き合う
    第4章  複雑な問題を分解して考える
    第5章  「あてはめ」で可視化する
    第6章  不動とされる価値を疑ってみる
    第7章  物事を考えるとき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月15日

    一般的な勉強術の本と違って、即効性はない。
    身につけるためにはじっくり訓練が必要で、だからこそ長く役に立ちそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月08日

    なんて紛らわしいタイトルのつけ方だ(笑 まず内容よりそこに著者のしたたかさを感じてしまうわけで。論理的思考をつけるために歴史を通して鍛え上げるワークブックのようなもの。この通りに取り組めば本当に頭の働き方が変わってくると思う。本を1章丸ごと暗記すると脳の使える容量が増えるというのは面白い。やってみた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月13日

    真実を理解するためにはこう考えていけばよいという思考法の指南書。
    挙げられた具体例においては良く理解できるが、自分自身で他の事象を分析するのはなかなか難しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月12日

    最強のインテリジェンス思考法をイギリスの中学歴史教科書から学ぶと言う発想からしてユニーク。
    安倍氏の反知性主義も納得の論理で撃墜。
    氏は兎に角、攻撃も守備も範囲が広くて深い。
    リベラルか保守か、あるいは左翼右翼といったくくりではなく、正しく本人の経験と勉強の賜物であろう。
    爪の垢程でも取り入れられれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月01日

    最近、佐藤さんの新刊書は、本当にたくさん見かける。
    大澤真幸か、この人かという感じ。
    さらに言えば、誰かと対談という形を取ることが多い二人でもある。

    それはさておき、この人の本を初めて読んだ。
    第一段階は、情報収集を積み重ねること。
    なんと、暗記して頭に叩き込むとのこと!
    もう、この時点で真似でき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています