犬の証言 ご隠居さん(三)

犬の証言 ご隠居さん(三)

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

「ねえねえ梟助さん、聞いて聞いて」話し上手で聞き上手の鏡磨ぎ師・梟助じいさんは今日もひっぱりだこ。五歳で死んだ子供が別の夫婦の子として生まれ変わっており、飼い犬が思わぬ証言をした!?という噂から、犬が人に、人が人に生まれ変わったらと思わぬ方向へ話は広がり…切なくも温かいシリーズ第三弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2016年02月12日
紙の本の発売
2016年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

犬の証言 ご隠居さん(三) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年01月15日

    1冊目、2冊目と、語り手がいることの必然性に疑念を抱きつつ読んでいたが、3冊目にきて、ついに、というか、いよいよというか、鏡磨ぎが語り手としていることに意味が出てきたように思った。これまでは語り手の語る蘊蓄、鏡磨ぎ職人でなくてもいいんじゃない?と思っていたが、3冊目でつながったように思う。
    「幸せの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ご隠居さん のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • ご隠居さん
    702円(税込)
    「軍鶏侍」の野口卓、渾身の書き下ろし! 腕利きの鏡磨ぎ師の梟助じいさん。江戸に暮らす人たちの家に入り込み、おもしろい話を披露して、ときには事件を鮮やかに解決します。
  • 心の鏡 ご隠居さん(二)
    「軍鶏侍」の野口卓、痛快人気シリーズ! 落語で培った教養と、さわやかな語り口。情には厚いけれど人に流されない。江戸の街では知る人ぞ知る鏡磨ぎ師、痛快シリーズ第二弾!
  • 犬の証言 ご隠居さん(三)
    「ねえねえ梟助さん、聞いて聞いて」話し上手で聞き上手の鏡磨ぎ師・梟助じいさんは今日もひっぱりだこ。五歳で死んだ子供が別の夫婦の子として生まれ変わっており、飼い犬が思わぬ証言をした!?という噂から、犬が人に、人が人に生まれ変わったらと思わぬ方向へ話は広がり…切なくも温かいシリーズ第三弾!
  • 出来心 ご隠居さん(四)
    好評シリーズ第四段! 話し上手で聞き上手、梟助さんがまたもや大活躍 梟助が鏡磨ぎに訪ねた医者宅で、隣家に入った泥坊の噂を聞き、落語に出て来る間抜けな泥坊に話は広がり――切なくも可笑しい六篇。 解説・縄田一男
  • 還暦猫 ご隠居さん(五)
    還暦になったら猫になりたい!? 大好評シリーズ第五弾 得意先の茂兵衛夫婦がひそかに引っ越したときいた梟助。 もしかしてと新居を訪ねてみれば、座敷の座布団に猫が一匹。 還暦になったら猫になりたい、という奥様の願いが見事叶えられた!? 妻(猫)を見守る夫の眼差しが、しみじみ胸を打つ表題作ほか、七色の変化球のごとき四話を収録。 解説・大矢博子 【目次】 「呼ぶ声」 「拈華微笑」 「あたし、待...
  • 思い孕み ご隠居さん(六)
    嫁いで半年で最愛の夫を亡くし、17歳で後家になったイネ。「死んでも魂は離れない。いつも見守っているからね」という夫の言葉が、いまも忘れられない。ある時、イネのお腹が、ふっくらと膨らんできて……。しみじみ可笑しい話から奇想天外な江戸のおとぎ話まで、多種多様な5篇。鏡磨き師・梟助さんが大活躍のシリーズ第6弾!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています