もののけ、ぞろり 東海道どろろん

もののけ、ぞろり 東海道どろろん

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

兄に迷惑をかけてまで、人間社会に生きてはならない──。《鬼火》は思い詰め、箱根山中にある妖かしの楽園を目指し家出する。道中、目玉を奪うミカリ婆、天狗、妖狐に襲われ大ピンチ! その上、化け狸の総大将・北条早雲まで出現。早雲の毒矢に射られた《鬼火》は人間の姿に戻るも、数時間後には朝日を浴びて死に至る……。伊織は《鬼火》を救えるのか? 痛快シリーズ第四弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2015年05月08日
紙の本の発売
2013年07月
サイズ(目安)
2MB

もののけ、ぞろり 東海道どろろん のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年11月30日

    相変わらずサクサク読めました。
    4作の中で、今回はあの武将が一番素敵に書かれている感じがありました。本編も今回は面白く読めましたが、プロローグとエピローグが秀逸。
    それから、本編の中で、それぞれが登場する、集合するシーンがいいですね。ヒーローは登場場面が大切!ページを繰る手が速くなりました。
    それか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月31日

    さくさく読めて面白い♪伊織と鬼火の兄弟は、かわいいし♪最近、幸村ファンになってる自分に気づいて慄きましたがwww

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月15日

    自分がそばにいるかぎり、兄は普通の幸せを掴めない

    兄から離れ、箱根にあるという妖の楽園をめざす
    「鬼火」

    ねこの「さんすけ」自分大好き「青行灯」
    謎の女性「いさら」と共に進むが
    化狐、化狸の争いに巻き込まれてしまう

    相変わらずテンポよし
    危機が迫ると仲間たちが次々颯爽と現れる展開も同じ
    漫画チ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月03日

    ぞろりシリーズ第4弾
    今回の舞台は箱根、箱根は妖怪の楽園らしい。都市型妖怪ではなく、天狗、妖狐、化け狸などケモノベースの野外型妖怪が多く出演。
    鬼火と伊織の兄弟の絆がテーマだけれども、相変わらず軽快に読める。

    登録を漏らしていた。。。ちゃんとしましょ。

    このレビューは参考になりましたか?

もののけ、ぞろり のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • もののけ、ぞろり
    594円(税込)
    宮本武蔵の弟子・伊織は亡き母を蘇らせる外法に失敗、弟が白狐と化してしまう。人間の姿に戻るべく、本物の外法使いを探す兄弟が辿り着いたのは、夏の陣に揺れる大坂城だった。妖術で徳川家康に応戦していた淀殿は、豊臣秀吉や織田信長を復活させ大騒動に。襲いかかる物の怪から弟を守るため、伊織は妖刀村雨でもののけたちをメッタ斬り! 愉快痛快、新感覚時代小説。
  • もののけ、ぞろり お江戸うろうろ
    江戸に「封(ほう)」がおる──。そう告げて死んだ権現徳川家康。封とは万能の仙薬で、白狐になってしまった《鬼火》を人間に戻せるかもしれないという。封を求め、江戸を訪れた宮本伊織と《鬼火》の兄弟は、隻眼の辻斬りに突如襲われる。その正体は、強大な妖力を持つ九尾狐に憑かれた伊達政宗だった! 柳生宗矩親子と協力し、政宗率いる物の怪どもをメッタ斬り。痛快シリーズ第二弾。
  • もののけ、ぞろり 大奥わらわら
    白狐と化した《鬼火》を人間に戻す秘薬「封(ほう)」は大奥にあるという。ある日、伊織が居候をする飯屋を訪れた妖怪・豆腐小僧が「大奥で働き手を募集している」と洩らす。早速大奥に潜入すると、火の玉に化けるムジナ、両腕に百の目を持つ百目鬼(どうめき)、オカマの青行灯といった妖怪がゾロゾロ出現して大騒ぎ! 「封」はどこにある? 妖刀でもののけどもをメッタ斬り! 痛快シリーズ第三弾。
  • もののけ、ぞろり 東海道どろろん
    兄に迷惑をかけてまで、人間社会に生きてはならない──。《鬼火》は思い詰め、箱根山中にある妖かしの楽園を目指し家出する。道中、目玉を奪うミカリ婆、天狗、妖狐に襲われ大ピンチ! その上、化け狸の総大将・北条早雲まで出現。早雲の毒矢に射られた《鬼火》は人間の姿に戻るも、数時間後には朝日を浴びて死に至る……。伊織は《鬼火》を救えるのか? 痛快シリーズ第四弾。
  • もののけ、ぞろり 吉原すってんころり
    柳生家の隠し道場が急襲された。残されたのは「肝」を抜かれた死体の山──。一方、伊織が住む一膳飯屋に現れた長宗我部元親を名乗る男は、怪しい石を懐から出し、秦の始皇帝復活を告げる。そして吉原で遊女が惨殺され……。迫り来るキョンシー軍団、悪魔に魂を売った柳生十兵衛、さらに伊織がお狐様に身体を乗っ取られ、大ピンチ! 窮地を救えるのは《鬼火》だけ? シリーズ第五弾。
  • もののけ、ぞろり 巌流島くるりん
    深夜、濃い霧が立ちこめる京の都に数多の剣士を斬り伏せる黒い狐面の男──黒九尾が現れた。その正体は伊織の親友で天才剣士と名高い柳生十兵衛!? 歩き巫女おこう、御堂ユキらに加え、不老不死の身体を持つ天草四郎、骸骨妖怪がしゃどくろ、そして伝説の陰陽師・蘆屋兄妹も参戦し、打倒黒九尾に挑む! 伊織と《鬼火》は最強の黒幕(ラスボス)を倒せるのか? 「ぞろり」シリーズ、ついに完結。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング

もののけ、ぞろり に関連する特集・キャンペーン