天才ハッカー安部響子と五分間の相棒

天才ハッカー安部響子と五分間の相棒

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ネット上でのなりすましとカードの不正利用の被害に遭った肇。犯人探しの末に辿り着いたのは隣人の美女・安部響子だった。彼女に誘われ、ハッカー集団ラスクの一員として活動を始める肇。トラブルを放置する悪質企業を攻撃して謝罪と賠償を行わせる、世直しともいえる活動は世間の支持を集めるが、警察の捜査の手も迫り……。引きこもり美女と変わり者の青年が大金を狙う、スリリングな快作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
392ページ
電子版発売日
2015年05月01日
紙の本の発売
2015年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

天才ハッカー安部響子と五分間の相棒 のユーザーレビュー

    購入済み

    ハッカー安部響子と五分間の相棒

    じじ 2019年11月15日

    描写がとても気に入っていて、読み進めるのが勿体ないなぁ~と思って途中で止めています。休みの日に一気に読もうとおもいます~。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月07日

    サイバー系の脚本を書かせたらこの一田氏に勝るものは居ないと思った。
    同著者の作品は「もしも遠隔操作で家族が犯罪者に者建てられたら」「サイバーテロ漂流少女」「オーブンレンジは振り向かない」を読んだが、どの作品も甲乙つけづらい面白さがある。どれもサイバー系物語だが本作はまた毛色が異なっていた。

    プラト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月15日

    文句なく面白かった。ハッカー達の視点からサイバー犯罪の顛末を描く物語なのだが、作者の豊富な知識に裏打ちされた犯行シーンは読み応えがある。ツイッターを利用した広報作戦など、現代ならではのリアリティがある描写もあいまって、読者をみるみる引き込んでいく。
    後半には一転、ハッカー達は追われる立場となり、ひょ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月09日

    情報系の人なら読んでクスリとなったり、そんな事件もあったな、あるのかとなる一冊です。この手の本は、例えば野球漫画で半年の練習で甲子園に行けたりだとか現実とかけ離れていることが多いですが、この本は事実と現実に基づいていて面白い反面、こんなことが本当に起きていたらと考えると怖くも感じました。国、政府、警...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月15日

    アノニマスがISILに宣戦布告!
    興奮してこの本を読みました~
    恋愛小説でした~
    でもハッキングの部分もたのし~

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月12日

    頼んだ覚えがないラスクの請求があった。

    始まりの次が、ラスクの話。
    一体どうつながりがあるかと思っていたら
    最終に繋がっていました。
    ここから、最初のあそこまで、の間の話ですが
    濃いというか何というか…。

    泣き落としでハッカー仲間になった主人公ですが
    それ以外にも視点が変わってみたり。
    最後の最...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月01日

    著者初読みです。
    タイトルと表紙イラストに軽い抵抗があってなかなか手を出せずにいたのですが(ごめんなさい!)、期待値よりもずっと上のおもしろさでした。

    ネット情報恐ろしいって印象と、でも怖すぎず興味を持続できる程度に書いてくれていることで、(ハッキングなんて全然分かってないけど)無理なく読み進めら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月21日

    ハッキングがテーマ。

    ネット用語やハッキング手法など、結構単語は分からなくても読み進められる。
    特に主人公の肇とボスの安部響子の関係性にも注目したい。
    ハッキングは気付かれないように、また気付かれた時に身元が割れないように幾重にもセキュリティをつけるものだけど、
    この本自体がそのトリックの一役を買...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月10日

    楽しめた!内容も濃く深いもので、ラストまで引きつけられた。しかし、こんな面白い作品なのに、なぜ、こんな可愛らしい表紙に?こういうのが流行りか?もったいない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月10日

    裏のかきあいのような展開はなかなか面白かったですが、あまり凄腕ハッカーという感じはしなかったです。差し込まれる学生さんのカットが蛇足に感じましたが、事件を外から見る視点としては必要だったんでしょう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています