紳士協定―私のイギリス物語―

紳士協定―私のイギリス物語―

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

1986年、入省二年目の私はイギリスにいた。語学研修に追われる単調な日々の小さな楽しみは、ステイ先で出会った12歳のグレンとの語らいだった。ロンドン書店巡り、フィッシュ&チップス初体験。小さな冒険を重ね、恋の痛みや将来への不安を語りあった私たちは、ある協定を結んだ……。聡明な少年を苛む英国階級社会の孤独と、若き外交官の職業倫理獲得までの過程を描く告解の記。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2015年04月24日
紙の本の発売
2014年10月
サイズ(目安)
3MB

紳士協定―私のイギリス物語― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月20日

    この本は読みやすかった。外務省入省直後語学研修時のロンドン郊外での生活の日々をつづったもの。佐藤優の自叙伝はとてもおもしろいが、あまり難しい話ではなく普通の生活記のほうが私にとっては読みやすいし楽しめる。ホームステイ先のグレン少年との交流が中心。イギリスでは日本以上に、学校の選択がキャリア形成に影響...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月18日

    久々に、色んな味わい方のできる良書に触れた。入省間もない研修生時代の佐藤優の自叙伝。イギリス留学の中で出会ったホームステイ先の少年との心の交流。外務省同期と交わす、新人時代の会話。青春小説としても楽しめるし、留学紀行文としても味わえるし、新入社員の初々しい雰囲気を楽しむ事もできる。何より少年との純文...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月13日

    ジャンルと言われると自伝かと思われます。著者が外務省に入って、イギリスとソ連で研修を行っている期間だけの話ですので、小説といったほうが近いのかもしれません。
    外交官としての研修で語学を主として学ぶためにイギリスに14ヶ月滞在、その期間の話をホームステイ先の息子グレンとの出来事を主体に書かれています。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月01日

    佐藤優はこういうのに集中して粗製乱造やめればいいのに… 一部、できすぎてて作ってないかというところはあるけど、自分自身とホームステイ先の少年の交流と階級の壁について。こういうものに私は弱いんだろうなあ、まあそりゃそうだろなあ。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    学習と学問

    さんだる 2019年11月16日

     個人的な好みもあろうが、この本ほど、一文一文、一語一読まで読ませる本に出会ったのは初めて。 一文一文の意味を噛みしめるごとに、次の一文へ胸の高鳴りを覚えた。

     著者のロシア語習得のためのイギリス留学の必要性の行は、成程そういう事があったのかと腑に落ち、余韻を愉しみました。

     また、ホー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月02日

    これは、一言で言うと面白い!!
    食べ物の描写も多く、読んでいてお腹がすく(笑)。
    不本意なイギリスの英語研修のホームステイ先でのグレンとの出会い。
    今の佐藤 優さんの土台になっているのでしょう。
    外交官の武藤さんとの思い出もしかり。
    12才のグレンが1週間分のお小遣いを貯めて、ミスターサトウにフィ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月02日

    ここでは筆者が外交官になってすぐのころ。イギリスはベーコンズフィールドにある陸軍語学学校時代に触れた回想録です。キャリアの同僚と12歳の少年。彼らとの出会いと別れの物語であります。

    帯に書かれているキャッチコピーが
    「あの夏の約束を捨て、私は外交官になった―。」
    という非常に印象的な佐藤優氏のイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月18日

    著者である26歳の日本人外交官と、12歳のイギリス人少年との交流を描いた回想録。
    著者のエグい教養作品とは違った進学や恋愛相談を通じて、生々しく、心温まる交流を描いた文学的な作品だと思う。

    大学出たばっかりの26歳で、自国の文化や歴史を語りつつ、「(イギリス人に対し日本)食は文化だから、食べなくて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月28日

    1980年頃のイギリスの文化、国際情勢、日本人がどう見られていたか、等を知ることができた。現在は大分状況が違うにしても、イギリスに行くことがあればその前に読んでおきたい本だと思いました。著者と少年グレンの対話が面白く、二人の関係が羨ましくも思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月22日

    佐藤優氏のイギリス研修生時代の小説。佐藤氏が外交官としての方向性を形成する時期に何を考えていたのかが分かる。
    「先生と私」の方が私は好きですが、本作も佐藤氏のイギリス分析も含まれており、負けず劣らず面白い内容です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング