レジリエンスとは何か―何があっても折れないこころ、暮らし、地域、社会をつくる

レジリエンスとは何か―何があっても折れないこころ、暮らし、地域、社会をつくる

作者名 :
通常価格 1,496円 (1,360円+税)
紙の本 [参考] 1,870円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

レジリエンスとは「しなやかな強さ」と訳します。
強い風にも重い雪にも、ぽきっと折れることなく、しなってまた元の姿に戻る竹のように、「何かあってもまた立ち直れる力」のことです。

いまの日本はこの「レジリエンス力」がとても弱くなっていると著者は言います。たとえば、効率やコストを重視するあまり、資材の調達先を一社に絞った結果、3・11のような大きな震災の場合、企業は立ちゆかなくなってしまう。
同じように効率重視で行われているのは企業経営だけにとどまらず、教育、子育て、地域社会、環境でも垣間見ることができます。
しかし、世界では、このレジリエンスの研究が進んでおり、上記のような様々な面でレジリエンスへの取り組みが積極的に行われています。
世界のレジリエンス研究家とともにレジリエンスの研究を深め、啓発活動を行ってきた著者が、レジリエンスがかつてないほど必要となっている日本と日本人にレジリエンスの考え方と取り組み方を世界の実例を交えながら解説します。


【主な内容】
序章 レジリエンスとは何か

第1部 レジリエンスの基礎を知る
第1章 生態系のレジリエンス
第2章 折れないこころをつくる~レジリエンスの心理学
 
第2部 折れないこころ、暮らし、地域、社会をつくる
第3章 折れない子どもをはぐくむ学校~レジリエンスを高める教育
第4章 折れない子どもを育てる~家庭で高めるレジリエンス
第5章 温暖化にも折れない暮らしをつくる
第6章 災害にも折れない暮らし・地域をつくる
第7章 折れない自治体や都市をつくる
第8章 住民の力で、何があっても折れない地域をつくる

第3部 自分と家族のレジリエンスを高めるには
第9章 折れない人生・折れない暮らしをつくる

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
東洋経済新報社
ページ数
288ページ
電子版発売日
2015年03月13日
紙の本の発売
2015年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

レジリエンスとは何か―何があっても折れないこころ、暮らし、地域、社会をつくる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月13日

    近年、地震、津波、台風、大雨、伝染病などの、思いもかけない災害が頻発するようになったこともあり、「何があってもまた立ち直れる力」を意味するレジリエンスという言葉は、耳目に触れることも多くなった。
    本書は、序章の「レジリエンスとは何か」に続く、「レジリエンスの基礎を知る」「折れないこころ、暮らし、地域...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月12日

    少なくとも、読むのに足かけ3年かかりました。
    読みやすい部分と、読みにくい部分が混在していて、スムーズに読めませんでした。
    何なんだろう、この感覚…。

    とりあえず、「レジリエンス」の概念はよくわかりました。
    また、その方向性は、自分の考えとも一致します。
    が、行動に移すとなると、ちょっと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月18日

    教育学的知見が欲しくて読んだら、思いがけず今の仕事のモヤモヤの原因も判明してしまった感。

    レジリエンスとは、困難な状況に陥ってもそれを踏まえて立ち直る力。言い換えると『しなやかさ』かな、と思う。
    個々人の人生も、企業の事業継続も、環境保全も、かならず困難(ストレス)に直面する場面があって、それにど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月20日

    今まで枝廣さんのメールニュースで断片的に読んできたことが、とても分かりやすく1冊の本になって嬉しい。全体的な概念のフレームワークとともに紹介されている、世界各地での具体的な実践事例はどれも興味深い。

    以前の私は断然、環境系の取組ばかりに関心が向いていたけれど、この本を読んで改めて、今は教育というか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月30日

    何があっても折れない、しなやかな強さを示すレジリエンスに関する入門書。
    こころや地域社会まで色んな考え方が紹介されています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月22日

    世界で高まる「レジニエンス」への取り組みの動向を紹介しながら、わが国における展開の必要性を訴える。企業経営においても軽視できないテーマである。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年09月26日

    久しぶりに読みたいと思った本がこれ。
    最初はすごくわかりやすかったんだけど
    途中から分かりづらかったなあ。
    ただ、予期していたように、
    自分にはレジリエンス力はまったくない。。。
    だから、そのような力をもっている人は
    そういう考え方をするんだ~というのが
    勉強になった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年12月28日

    レジリエンスとは「しなやかな強さ」と訳します。
    強い風にも重い雪にも、ぽきっと折れることなく、しなってまた元の姿に戻る竹のように、
    「何かあってもまた立ち直れる力」のことです。

    いまの日本はこの「レジリエンス力」がとても弱くなっていると著者は言います。
    たとえば、効率やコストを重視するあまり、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています