ヴぁんぷ!IV

ヴぁんぷ!IV

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【3年ぶりだね、日本の紳士淑女諸君! お待たせしてしまったねえ。ふむ、諸君との友愛関係を祈り、今宵は吸血鬼と人間の関わりについて話すとしよう】 【ドイツ南部にて発生した、村人達の集団失踪事件。我々の『組織』はその事件について会議を開く事になったのだが――時を同じくして、ミヒャエル君がある決意を胸にグローワース島を飛び出したようだ。当然ながら、そんな彼を追って我が娘のフェレットも島を飛び出し……そのまま若い男女の甘酸っぱい追走劇になれば良かったのだがね】 【人間と吸血鬼の男女。この組み合わせが生むのは果たして悲劇かロマンスか……過去と現在の物語の中で、君達がそれぞれの思いを抱いてくれれば幸いだ】

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2015年01月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

    Posted by ブクログ 2013年02月19日

    今回も濃密で痛快な活劇が楽しめました!

    とにかく飽きさせない展開。これには舌を巻きます。
    エンターテイメントに飢えてるなーという方に手に取って欲しい、そんな一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    第4弾まで、ようやく読めましたw
    一気に読まないと、忘れちゃう…。
    個性ある新キャラがたくさんで面白かったです!!
    もうミヒャエルをフェレットが追いかけるという設定だけで…♡

    「組織」のことがいよいよ見えてきてワクワクしてきました!!
    ていうかドロシー黒い…。。
    びっくりしてし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月25日

    ミヒャエルとフェレットはかなりアツい感じだけどレリックとヒルダってどうなんだろ~??と最近思う。次の巻にそのへん期待。
    あと、ミヒャエルが餓鬼がえっている件について。巻末見て勘違いじゃないことを確信しました。今のミヒャエル幼いけど好きだな~活字と合ってる気がする

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    変てこな吸血鬼モノ。新キャラクター出しまくり、暴走しすぎ。でもそこが面白いんですよねぇ。話自体は結構暗い部分もあったりするんですけれど。
    ステレオタイプな吸血鬼も今回は出てきたりしますが、逆に新鮮に感じられてしまいます。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • ヴぁんぷ!
    671円(税込)
    【親愛なる日本の紳士淑女諸君! 月並な問い事で申し訳ないが――諸君は吸血鬼の存在を信じるかね?】 【――失敬、名乗るのが遅れたようだ。我が名はゲルハルト・フォン・バルシュタイン! このグローワース島を預かる、子爵の称号を賜りし吸血鬼! 自己紹介代わりに、我が島で起こった一つの騒動について話をしようではないか! ……まあ語らせてくれたまえ。暇なのだ】 【君が私の話を信じるも信じぬも、私が...
  • ヴぁんぷ!II
    627円(税込)
    【久方ぶりだね! 親愛なる日本の紳士淑女諸君! 相も変わらず読書に精を出しているかね? 真にその書が好きならば、回読よりも購読をお勧めする!】 【失敬。生臭い話はやめ、今回は諸君に島の祭りを紹介するとしよう!】 【我が島が誇る芸術家、カルナルド・シュトラスブルクを讃えるカーニバルだ! 恋人達の誓いから家族の団欒、過去の精算に未来への希望など――様々な想いと共に、様々な客人が島を訪れ...
  • ヴぁんぷ!III
    693円(税込)
    【2ヶ月ぶりだね、日本の紳士淑女諸君! 今日は少々血生臭い話をするとしよう】 【復讐――そう、復讐の話だ。活劇から悲劇に至るまで、様々な物語に取り入れられる王道とも言うべき要素だよ】 【復讐は常に新たな復讐の芽を生む。様々な物語でよくそう言われるものだが……仮に、相手の親類縁者全て、さらにはそのまた縁者をも復讐の対象とし、全てを滅ぼし尽くす覚悟だとしたら? おそらく復讐の連鎖は止ま...
  • ヴぁんぷ!IV
    737円(税込)
    【3年ぶりだね、日本の紳士淑女諸君! お待たせしてしまったねえ。ふむ、諸君との友愛関係を祈り、今宵は吸血鬼と人間の関わりについて話すとしよう】 【ドイツ南部にて発生した、村人達の集団失踪事件。我々の『組織』はその事件について会議を開く事になったのだが――時を同じくして、ミヒャエル君がある決意を胸にグローワース島を飛び出したようだ。当然ながら、そんな彼を追って我が娘のフェレットも...
  • ヴぁんぷ!V
    693円(税込)
    【暫くぶりだね、日本の紳士淑女諸君! 再び出会えて歓喜の極みだ。この再会を全ての夜に感謝しようではないか】 【だが、夜の一人歩きは危ないから気を付けたまえ。今回の話は、グローワース島で起こった猟奇的な殺人事件の話だ】 【心を読む吸血鬼、無口な人狼の少女、吸血鬼探偵、とある『血族』の男女、そして、事件を追うTVクルー。カメラに映し出される島の夜、その闇に潜むのは、我が息子ことレリ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています