インドでわしも考えた

インドでわしも考えた

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

とにかく新鮮な切り口で展開するおもしろインド紀行。

ヨガの行者は、はたして3メートルも浮かび上がるのか。カレーライスとサリーの秘密は、なにか。シーナの疑問から決行された新しいインド人間紀行。
●インド人というのは老いも若きも金持ちも貧乏人もみんな朝から晩までカレーばかりたべているというけれど本当なのだろうか?
●なぜカースト制度なのだろうか。それがまだ生きていると聞くけれど本当なのだろうか?
●なぜターバンをまくのか。それからインドの女性はみんなサリーしか着ないというけれどなぜだろうか?

【ご注意】※この作品はカラー写真が含まれます。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / 紀行
出版社
小学館
ページ数
176ページ
電子版発売日
2015年01月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
23MB

関連タグ:

インドでわしも考えた のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    思っていたよりインドはパワフルな国。
    とても愉快な彼の文章に脱帽。
    まずしい国の人々は私たちが思っているのとは裏腹、幸せなのかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています