「感染症パニック」を防げ!~リスク・コミュニケーション入門~

「感染症パニック」を防げ!~リスク・コミュニケーション入門~

作者名 :
通常価格 847円 (770円+税)
紙の本 [参考] 946円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

エボラ出血熱、新型インフル、デング熱、炭疽菌等によるバイオテロ……高度な文明社会となった現代でも、感染症は人類をおびやかし続けている。目に見えない敵、感染症のリスクを扱う時には、パニックと対峙し、被害拡大を防ぐコミュニケーションの技術が必要である。恐さをどう捉え、伝えるか。幾つもの感染症のアウトブレイク時の経験を持つ医師・岩田健太郎が、感染症を題材としたリスク・コミュニケーションのあり方を教える。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2014年12月12日
紙の本の発売
2014年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

「感染症パニック」を防げ!~リスク・コミュニケーション入門~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年07月19日

    感染症のことからリスクコミュニケーションまでとても勉強になりました。
    事実(データ)と向き合う、状況の変化に対応する、下手に隠さない、いろいろ自分の普段の生活にも活かしたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月12日

    本書はパニック時にいかに効果的に情報を伝えるかということを考えた「リスク・コミュニケーション」の入門書。感染症を題材としているが、リスク・コミュニケーションが応用できる範囲は医療分野に限らず、企業広報やパニック時の友人とのコミュニケーションなど多岐にわたる。また逆に、パニック時に聞き手としてどのよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月06日

    根幹の部分は全くブレがなくて、でも読む毎に勉強になる内容を、分かりやすく平易な文章で表現されていて、今回も一気に読んじゃいました。プレゼンの方法とか目的とかについては、分かっちゃいるけど実践できてないことばかりで…かといって一朝一夕に出来るもんじゃないから、ひたすら鍛錬あるのみ、ですね。対象の大小を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    主題と副題が逆

    ヒデ 2020年05月05日

    本書の内容は、「リスク・コミュニケーション入門」です。この時期ですので、「感染症パニックを防げ!」に引き込まれて購入しましたが、主な内容はリスク・コミュニケーションの入門書です。
    感染症についてもリスク・コミュニケーションの観点からの記載です。
    ただ、私にとっては、知らないことばかりでしたので、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月13日

    エボラ出血熱、デング熱、新型インフル、バイオテロ…。「恐さ」をどう捉え、いかに効果的に伝えるか。いくつもの感染症のアウトブレイクに居合わせた医師が、リスク・コミュニケーションのあり方を教える。

    シンプルな説明。どうして日本の政府はこれが出来ないんだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月21日

    良書。
    英文を直訳した教材は、いけてない。自分の言葉にしなければ、人の心に届かない。コミュニケーションは、人の心に届くことが重要。
    日本では、やりましたで満足する傾向がある。チームを作って会議をするだけ。結果を得ることが目的だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月11日

    冷静で現実的な示唆に富む良書。感染症、医学を取り上げての対処策を示しているが一般化することでビジネスや日常生活にも活かせる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月29日

    新書なのに,想定読者が医療者…?不思議なコンセプトではあるけど,リスコミ全般についてまとまってるので一応一般にも有益。正しい情報を伝え,パニックを回避し,リスクそのものを減らしていくコミュニケーションの方法論。
    日頃のコンセンサス・コミュニケーションと緊急時のクライシス・コミュニケーションを区別する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月28日

    プレゼンのノウハウといった戦術面もかなり丁寧だが、それよりも、戦略、すなわちコミュニケーションの確立といった目的を重視した書籍であり、医療関係者のみならず、組織において対外的な役割を担っている人には読む価値が大いにある。

    些末情報に翻弄されて本質がおろそかになる例:
    「レンガがある。その横にレンガ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月10日

    リスク・コミュニケーションで必要な考え方、スキルなど幅広く網羅。普段から使用可能なスキルもあり、医療に関わる人だけでなく、多くの人に読んで欲しい一冊

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

光文社新書 の最新刊

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング