文芸漫談 笑うブンガク入門

文芸漫談 笑うブンガク入門

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

小説の書き方・読み方がクスクスわかる! ヒカルがボケて、いとうがツッコむ! 芥川賞作家と稀代の仕掛け人が捨て身でおくる、“漫談スタイル”の超ブンガク実践講座。渡部直己(座付作家)による、ためになる脚注付き。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年12月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

文芸漫談 笑うブンガク入門 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年02月04日

    軽い文体(・・・漫談だから当然だけど)なのに、内容は深いかもしれない。

    「言葉は外からやってくる」とか、「破壊してからの再生」とか、「ねじれ」。
    外国文学では、詩が核となっているけど、日本ではそれがないので純文学がある。

    漫談ってよくわからないけど、とても楽しく読めた。
    読んでよかった、と思う本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月02日

    楽しく読めて、そして楽しく勉強になりもうした。

    ここから膨らませなくてはなりません。
    それは自分でシマス。

    私もアホな読解者になっているような気がします。

    育て、自分。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    やっと読み終わりました。

    まだまだ初心者の私には読んでいな本や

    知らない作家が多く読み進めるのに苦労いたしました。

    もっといろいろなことを知りたい、もっといろいろな本が読みたいと思わせてくれました。

    多分もっと本を読んでから読んだら、もっとわかると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    漫談を文章にしてるんで、空気感とかわからんのが悔しい!

    書籍好きな人ならニヤニヤしたり大爆笑したりできるのではないかと。
    思い出したように読んで笑ってます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月06日

    漫談という形式で文学を語る。この形式だから、整理されていないまだ理論化されていない思いが文字として固着される。「無意識は他者だと思って良い」とか「のでってのが物語なのでもういやだ。」とか。とっても素晴らしい本でした。続編も読んでみよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月01日

    この本を読んで、小説が楽しく読めるようになるか、または書けるようになるか、は全然わからない。けれども、この人達の会話は面白い。イロニーとか、世界を言葉で捉えることの難しさとか、難しい語り口で読者を煙に巻こうと思えば、巻けそうな題材を軽妙なやりとりで語り尽くす。でも、この人達のように小説を楽しんで読め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月10日

    純文学とそれ以外の文学を分ける一線(もし分ける必要があるのならだけれど)、それは自らが属するジャンルに関する自己言及とその不可能性への思慮の有無だろう。文学は、人間の誕生とともに発生し、本の売れ行きに変動はあるかもしれないが、人の営みとしては一向に進化せず、かといって退化もせず、人間の誕生という瞬間...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    その名の通り笑いながら、とっても楽しく読めるブンガク入門です。フィクションを書く方はもちろん、ノンフィクションを書く方にも参考になると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月03日

    この人たち、どれだけの本を読んでるんだろう。なんでこんなに頭の回転が速いんだろう。今もライブやってるのかな。生で聞いたらもっと楽しそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    小説を真剣に書こうとした事がないし、ものを書くという事について真剣に考えたこともないので、
    言ってる事がなんとなくしかわからなかったんですが、分からないけどなんとなく面白い感じが伝わってきた。
    なのでわからないけど、面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

文芸漫談 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 文芸漫談 笑うブンガク入門
    小説の書き方・読み方がクスクスわかる! ヒカルがボケて、いとうがツッコむ! 芥川賞作家と稀代の仕掛け人が捨て身でおくる、“漫談スタイル”の超ブンガク実践講座。渡部直己(座付作家)による、ためになる脚注付き。
  • 世界文学は面白い。文芸漫談で地球一周
    〈小説〉という船に乗って、地球一周の旅に出よう! 作家・奥泉光とクリエイター・いとうせいこうが、スピード感あふれる漫談に乗せてご案内。カフカ、ポー、ドストエフスキーに、デュラス、マルケス、カミュにゴーゴリ、それから魯迅、漱石まで、九つの古典名作を笑いのめします。まったく新しい(笑える)世界文学ツアーガイド、ついに登場。世界の名作、笑いのツボを新発見!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています