「渡部直己」おすすめ作品一覧

「渡部直己」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/08/05更新

ユーザーレビュー

  • 世界文学は面白い。文芸漫談で地球一周
    9つの有名な短編小説をとりあげて、いとうと奥泉が文芸漫談と称して語り合う。取り上げている作品がいずれも短編なので、それらを読んでから本書を読むことが可能。「漫談」の内容は結構硬派だと思うのだが、彼らの楽しそうな対談を読み終えると、古典的な名作も気軽に読めばいいのだな、という気分になる。
  • 小説の聖典
    手当たり次第に乱読していると、たまにこういう本に当たる。いとうせいこうと奥泉光が小説というものについて行った一連の文学的対談。「物語をずらす」ことが小説だと言い切る奥泉。因果関係(「ので」)を嫌う余り新作が書けない(当時)いとう。当たり前の小説に飽き足らない人たちの世界がここにはある。当たり前の小説...続きを読む
  • 文芸漫談 笑うブンガク入門
    軽い文体(・・・漫談だから当然だけど)なのに、内容は深いかもしれない。

    「言葉は外からやってくる」とか、「破壊してからの再生」とか、「ねじれ」。
    外国文学では、詩が核となっているけど、日本ではそれがないので純文学がある。

    漫談ってよくわからないけど、とても楽しく読めた。
    読んでよかった、と思う本...続きを読む
  • 文芸漫談 笑うブンガク入門
    楽しく読めて、そして楽しく勉強になりもうした。

    ここから膨らませなくてはなりません。
    それは自分でシマス。

    私もアホな読解者になっているような気がします。

    育て、自分。
  • 文芸漫談 笑うブンガク入門
    やっと読み終わりました。

    まだまだ初心者の私には読んでいな本や

    知らない作家が多く読み進めるのに苦労いたしました。

    もっといろいろなことを知りたい、もっといろいろな本が読みたいと思わせてくれました。

    多分もっと本を読んでから読んだら、もっとわかると思います。

特集