国境のハーモニカ

国境のハーモニカ

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「北に帰るわ」そう言い残して、日本を去っていった在日朝鮮人の少女、スーイン。想いを寄せ合いつつも、ついに成就することのなかった初恋の記憶。鋳物職人の章之は、出稼ぎ外国人達との心の交流を通じて、冷え冷えとした日常に温かな血が通いだすのを感じる。彼らに導かれるように、かつてスーインが託していったハーモニカを章之は探し始める。体がちぎれるほどに疼く悔恨と恋情。ピュアな心を呼び覚ます感動長編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年11月20日
サイズ(目安)
1MB

国境のハーモニカ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    泣!

    はっち 2019年09月04日

    現実は辛いけど、一条の光が見える

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月19日

    45歳の鋳物職人を主人公に、彼の中学時代に身近で起きた朝鮮人差別、現在の職場で進行する不法就労のタイ人迫害や在日朝鮮人の問題、そして主人公の家族の抱える軋轢などを描いた作品。
    最近裏切られることの多い池永さんですが、この本は読み応えがありました。ちょっと『三たびの海峡』(帚木蓬生)を思わせる内容です...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月17日

    自分よりも弱い人間を見つけ出して見下げて、ほんの一時の「優越」を感じて安心しようとする悲しい生き方。
    見下げた人は「見下げたこと」をすぐに忘れてしまうでしょうが、見下げられた人は「見下げられたこと」をいつまでも忘れられないでしょう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月06日

    【あらすじ】
    「北に帰るわ」そう言い残して、日本を去っていった在日朝鮮人の少女、スーイン。想いを寄せ合いつつも、ついに成就することのなかった初恋の記憶。鋳物職人の章之は、出稼ぎ外国人達との心の交流を通じて、冷え冷えとした日常に温かな血が通いだすのを感じる。彼らに導かれるように、かつてスーインが託して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています