父子十手捕物日記 夫婦笑み
  • 最新刊

父子十手捕物日記 夫婦笑み

作者名 :
通常価格 691円 (629円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

お春から嬉しい報せを聞けたものの、幸せ満ちる間もなく、辻斬りの探索に奔る文之介。殺されたのは、大身旗本の松平駿河守が心酔する僧侶の中完だった。怪しげな家臣を抱える駿河守に目をつけた文之介と勇七は、隅々まで身辺を洗うことに―。その頃、一風変わった人形師の玄馬斎に用心棒を依頼された丈右衛門は、何者かに拐かされてしまい……。絶大な人気を博した代表作、ついに大団円。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2015年09月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

父子十手捕物日記 夫婦笑み のユーザーレビュー

レビューがありません。

父子十手捕物日記 のシリーズ作品 1~18巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~18件目 / 18件
  • 父子十手捕物日記
    649円(税込)
    名同心の父から十手を受け継いで二年、美味い物と娘の尻ばかり追いかけている文之介。時には近所の餓鬼から悪戯されるが、筋はいい剣術と持ち前の人の善さが功を奏し、難事件も見事落着。幼なじみの中間・勇七を随え、今日も江戸の町を行く!
  • 父子十手捕物日記 春風そよぐ
    執拗に命を狙ってくる見覚えのない浪人が、十六年前に関わった事件に絡んでいる事を悟った元同心の丈右衛門(たけえもん)。いまだ脳裏から拭い去れない、たったひとつの事件――謎とは? そして、浪人の遣う恐るべき秘剣に御牧(みまき)父子は、どう立ち向かう? 江戸を舞台に、名同心だった父と十手を受け継いだ文之介の活躍を描く長篇時代活劇!
  • 父子十手捕物日記 一輪の花
    瀬戸物屋の見澤屋が襲われた。この二ヶ月で九軒の大店が同じと思われる盗賊に入られているのだ。しかも、文之介にベタ惚れのお克の店までもが! さらに今度は、なんの手がかりも得られぬうちに人殺しが起きた!! どうする御牧(みまき)父子? 長篇時代活劇シリーズ第三弾!
  • 父子十手捕物日記 蒼い月
    苦手なお克とついに食事をすることになってしまった文之介。頭が痛いとはいえ、瀬戸物屋に這入った盗っ人も捕えなくてはならないし、子供の掏摸も探さなくてはいけないしで……。八方ふさがりの文之介は、一体どんな智恵をしぼるのか? 大人気時代小説第四弾!
  • 父子十手捕物日記 鳥かご
    殺しの探索から帰ってきた同心の文之介は、好いている大店の娘お春に縁談が持ち上がっていると、隠居の丈右衛門から聞かされ、気が気でない。落ち着きを失くした文之介を心配する中間の勇七……。そんな折、手習所の弥生に闇の手が迫る! 人気時代小説シリーズ第五弾。
  • 父子十手捕物日記 お陀仏坂
    いま府内を騒がしているのは“人を殺さず、蔵に傷付けず”という盗賊。父丈右衛門の「向こうがしの喜太夫ではないか」との助言に奔走する文之介だったが、先輩吾市が故あって獄中に入れられたうえ、鉄火娘さくらが現れ、てんてこ舞いに……。シリーズ第六弾。
  • 父子十手捕物日記 夜鳴き蝉
    惚れた娘お春と一緒に歩き、笑顔までかわす小間物売りが気になってしょうがない文之介。目を凝らせば、丈右衛門が心を寄せるお知佳のもとにも姿を見せる駒蔵だった。なんとはなしに訝しさを覚えた文之介は、勇七にあとをつけさせるが……。シリーズ第七弾。
  • 父子十手捕物日記 結ぶ縁
    脅し文の相談で奉行所にやって来た廻船問屋の主人が、商談帰りに襲われた。通りすがりの浪人に救われ、一命を取りとめたというが、腑に落ちない文之介。捕り逃した嘉三郎の探索もあって、手が回らずに……。一方、丈右衛門とお知佳の仲が!? シリーズ第八弾。
  • 父子十手捕物日記 地獄の釜
    捕らえ損ねた盗賊の嘉三郎捜しに励む文之介だが、お克の嫁入りで肩を落としている中間の勇七に気をとられてばかり。一方、なかなか踏み切れなかったお知佳との仲に、ついに丈右衛門が求婚を決意!? が、その合間にも影の手は伸びてきて……。大好評時代シリーズ第九弾!
  • 父子十手捕物日記 なびく髪
    勇七と弥生の祝言で、いささかふつか酔いだが、さすがに見廻りは欠かさぬ文之介。狭まる探索の輪から巧みに逃げおおせた凶賊の嘉三郎を捕らえようと、足を棒にしている最中、天ぷら屋が食あたりで死人をだした事件に加わることになって……。シリーズ第十弾。
  • 父子十手捕物日記 情けの背中
    嘉三郎の仕組んだ罠にはまり、御牧父子と昵懇の藤蔵が入牢した。そして、お春は行方知れずに……。一刻も早く嘉三郎を捕縛すべく、丈右衛門は毒に使われた阿蘭陀渡りの薬肝神丸から、文之介は毒を盛られた味噌から事件の筋の絞り込みに精を出す。次々に汚い手を繰り出す嘉三郎を、御牧父子は追い詰めることができるのか? 怒りの一閃が疾る! シリーズ第11弾。
  • 父子十手捕物日記 町方燃ゆ
    葬儀をだしていた男が殺された。死んだはずの商家の隠居は葬儀の最中に刺し殺され、本当にあの世に送られてしまったのだ。文之介と勇七が調べたところによると、いたずら好きの隠居は、自分の葬儀を眺めて、どんな人が来てくれるのか、確かめたかったのだという。さっそく、探索をはじめたふたりだが、今度は定町廻りの先輩同心が殺されて……。シリーズ第12弾。
  • 父子十手捕物日記 さまよう人
    出合茶屋で役者が首をつった。どうやら心中らしいが、女の姿が見えない。検死医師の話から同心の鹿戸吾市は自死と決めつけたものの、役者と知り合いだった中間の砂吉は納得せず、ひとりで調べはじめることに。ところが今度は、砂吉が首つりにみせかけて殺されかけた。深く悔いる吾市を手助けすべく、祝言を目の前にした文之介も探索に加わるが。
  • 父子十手捕物日記 門出の陽射し
    祝言を挙げた文之介とお春。人捜しや探索を生業に一軒家を借り、お知佳とお勢とともに暮らしはじめた丈右衛門。幸せに浸るのも束の間、長屋の家持ち宮助が殺された。うらみを買うような人柄ではなかったが、つきまとっていた男がいたらしい。調べるうち、宮助が三つの長屋を持てるほどの金がどこから出てきたのか、気になってきた文之介は……。
  • 父子十手捕物日記 浪人半九郎
    男が刺し殺された。さっそく探索に取りかかった文之介と勇七は、人探しのために上方からやってきた旅篭の客だと突きとめる。他方、沼里の凄腕用心棒里村半九郎は、暖簾分けされたばかりの商家に雇われて、上方訛りで話す平田潮之助を守っていた。しかし、何者かにたばかられ、かどわかされてしまう。同じころ文之介は、人を探しに大坂から下ってきたという怪しげな男を見つけたが……。
  • 父子十手捕物日記 息吹く魂
    ある朝、文之介の屋敷の前に置かれていたのは、篭に一杯詰まったかぼちゃだった―誰がなぜ? 興味津々のお春が調べ始めたその頃、文之介は勇七とともに、首を吊ったと見える男の探索に入っていた。枝が折れて落ちたためか、生垣を境にして下半身が神社に残り、上半身が町地に飛び出しているという、不思議な死に方だった。他方、丈右衛門は蕎麦屋の息子から、ある依頼を受けて……。
  • 父子十手捕物日記 ふたり道
    名同心の父丈右衛門から十手を受け継いで数年、美味い物と娘の尻ばかり追いかけていたが、今では父に勝るとも劣らぬ力をつけ、ずっと想っていたお春との祝言も果たした文之介。時には近所の餓鬼から悪戯されるが、筋はいい剣術と持ち前の人の善さが功を奏し、難事件も見事落着するようになった。しかし、肝心の子宝にはいまだ恵まれず……そんな中、なんと丈右衛門に赤ちゃんが!? 幼馴染みの中間勇七を随...
  • 父子十手捕物日記 夫婦笑み
    お春から嬉しい報せを聞けたものの、幸せ満ちる間もなく、辻斬りの探索に奔る文之介。殺されたのは、大身旗本の松平駿河守が心酔する僧侶の中完だった。怪しげな家臣を抱える駿河守に目をつけた文之介と勇七は、隅々まで身辺を洗うことに―。その頃、一風変わった人形師の玄馬斎に用心棒を依頼された丈右衛門は、何者かに拐かされてしまい……。絶大な人気を博した代表作、ついに大団円。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています