てとろどときしん 大阪府警・捜査一課事件報告書
  • 値引き

てとろどときしん 大阪府警・捜査一課事件報告書

作者名 :
値引き価格 431円 (392円+税) 3月11日まで
通常価格 616円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

フグの毒で客が死んだ事件をきっかけに意外な展開をみせる表題作「てとろどときしん」をはじめ、大阪府警の刑事たちが大阪弁の掛け合いで6つの事件を解決に導く、直木賞作家の初期の傑作短編集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年09月25日
紙の本の発売
2014年09月
サイズ(目安)
2MB

てとろどときしん 大阪府警・捜査一課事件報告書 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年05月06日

    こういう刑事モノもあるのか。もちろん事件解決が前提だけれど、トリックや動機よりも、刑事や犯人、関係者の人柄や人生にフォーカスした短編集だった。馴染みのない大阪弁もすんなり読むことができて、楽しい。次は長編を読んでみたいと思うことができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月03日

    大阪人の私としては、知っている地名が多く出てくるので土地のイメージが浮かびやすく、たぶん他の地方の人よりも楽しめたと思う。中には「大淀区」などというその後なくなった名前も出てきて感慨深い。短編集で、テンポよくすいすい読めるが「犯人当てクイズ」として書かれた作品のトリックだけは、再度読み返してもよく分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月13日

    大好きな黒川さんの短編集。
    関西弁の刑事コンビの会話の掛け合いがおもしろかった。
    やっぱり短編より長編が読みたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月25日

    特にハマらず。
    黒マメコンビのゆるいシリーズは
    気軽に読めていいかな。
    マメちゃん可愛かった。
    内容より会話劇、という印象。
    初期作品とのことなので、
    まだまだ試行錯誤中なのかな。
    長編読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月03日

    疫病神シリーズの「破門」で直木賞を受賞した著者の、デビュー間もない頃の短編集。
    警察を舞台にしたミステリー小説の位置づけ。作品名の「てとろどときしん」は、、、なるほど最後にオチがわかる。個人的にはこの作者は長編のほうが面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月28日

    黒まめコンビ等、大阪府警捜査一課果が関わる事件を扱う短編集。
    この文庫は2014年に発行されたものだが、読んでいると、古さが感じられ……
    あとがきを読んでみたら、表題作の「てとろどときしん」は1987年に書かれたものだった。

    大阪人の私は普段、当然ながら大阪弁を話す。
    が、いつも思うのだが、大阪弁...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

てとろどときしん 大阪府警・捜査一課事件報告書 に関連する特集・キャンペーン