陰陽師 8巻
  • 完結

陰陽師 8巻

作者名 :
通常価格 853円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

※BookLive!Reader Lideoでご覧になる際には、PCやスマートフォンのカラー液晶と表示イメージが異なる場合があります。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

博雅より雨乞いの勅を届けられた晴明。既に高僧・寛空による請雨経法や陰陽寮の天文博士である兄弟子・賀茂保憲による五龍祭など雨乞いの儀式も予定されている。晴明は保憲の手伝いを断り瓜を届ける。そして晴明と博雅は若狭の霊泉を目指す。そこで瓜を受け取った晴明は水に関わる聖地を移動し術を施し続ける。晴明の思惑通りに雨は降るのか? 「安倍晴明 天の川に行きて雨を祈ること」を収録。

ジャンル
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
メロディ
電子版発売日
2014年09月26日
紙の本の発売
1999年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2009年08月21日

「原作を越えた」と原作者の夢枕獏に言わしめた作品。絵の美しさと大胆な展開が他の追随を許しません。漫画の域を超えています。特に後半の、原作からどんどん飛躍していく物語に関して、僕はおそらくその10%くらいしか理解できていなく、正直なところ「玄象と巻き物かわいいな」、くらいの勢いの駄目読者なのですが、そ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2006年06月20日

『陰陽師』では、この巻が一番好きです。
清明が雨乞いの旅をする話。
この清明と博正の旅を、わたしもやってみたいんですよね。
白州正子さんの『十一面観音巡礼』とあわせて読むと、さらに楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2004年09月30日

親友の博雅が好きです。
いいキャラしてます。
だんだん難しくなっていって、時々、なにが起きているやらさっぱりなところもまたよし。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play