はるさきのへび

はるさきのへび

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

26歳の平凡なサラリーマンの、妻以外の女性との、ちょっとドキドキする出会いと、アヤシク微妙な心の動きをとらえた「階段の上の海」。赤ちゃん誕生と育児を、新米ママの視点で描く「海ちゃん、おはよう」。娘の成長を見守る父親の心と家族のエピソードをちりばめた「娘と私」。冬眠から目覚めたばかりのへびのように、のんびり、でもそわそわする人生の一時期を温かいタッチで綴る私小説3編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2014年10月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

はるさきのへび のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    最後まで読んで「はるさきのへび」というタイトルに納得。のんびりと、どこかあたたかい気分になりました。
    結婚まもなく、子供が産まれた時を母親視点から、さらに子供が産まれてから20年後、それぞれの三編からなる私小説。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月07日

    最初の話がきらい。他の話だと、主人公はぼんやりして、憎めないキャラなんだけど、この話しに限っては、流れに身を任せて何も考えていないのに腹がたった。

    他二作はおもしろかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています