京都の祭に人が死ぬ

京都の祭に人が死ぬ

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

“鞍馬の火祭”が終った境内に転がっていた黒焦げの死体を身代わりに、巧みな戸籍操作で逃げていたはずだったが……。意外な結末にアッと息をのませる「鞍馬の火祭」ほか、祇園祭、時代祭、くらやみ祭など、歴史と伝統を誇る京都の祭を舞台に、トリック・メーカーの第一人者が、意外性を充分に愉しませる推理傑作7編を収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
280ページ
電子版発売日
2014年09月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

京都の祭に人が死ぬ のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年09月05日

    京都の祭りに関する7つの短編集。
    京都の祭りの勉強になる。

    殺人事件がついてまわっているので、ついでに殺人事件を思い出してしまうかもしれない。
    最初に殺人があったもの、最後に殺人があるもの、いろとりどりとした短編集です。

    山村美紗が京都通で,ミステリの女王であることがわかる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています