愛の立待岬

愛の立待岬

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

京都府警・捜査一課の橋口警部補は、妹・舞子の結婚式のため、北海道・札幌へ向かった。しかし、式の翌朝、花嫁の舞子は突然失踪し、やがて函館の立待岬で死体となって発見される。哀しみに耐え、犯人捜査にのりだす橋口の前に、さらに第2の殺人事件が……。哀愁の立待岬を舞台に、愛と欲望が交錯する、本格長編推理。函館から京都へ……兄の執念が犯人を追い詰める!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
266ページ
電子版発売日
2019年10月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

愛の立待岬 のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年09月08日

    本文の最初に「京都・函館殺人事件」という副題がついている。
    立待岬は、北海道函館市住吉町にあル。
    津軽海峡に面した岬で、経路には、石川啄木一族の墓、宮崎郁雨と砂山影二の歌碑、与謝野晶子・与謝野寛の歌碑があるという。

    結婚式直後に亡くなった花嫁。
    殺したのは夫か、その女友達か。

    話は二転三転しわか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています