同心 亀無剣之介_わかれの花

同心 亀無剣之介_わかれの花

作者名 :
通常価格 517円 (470円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

風采があがらず、しょぼくれて冴えない侍――亀無剣之介は、毛羽だったちぢれ毛の髷と、名前の一文字から、ちぢれすっぽんと呼ばれる北町奉行所の名物同心。その風貌と、おどおどした言動は、奉行所のみならず、町民のあいだでも馬鹿にされているが、実は頭脳明晰であり、剣は鳳夢想流免許皆伝の腕前。見かけからは思いもよらない、切れ者同心であった。 ある日、沢木屋の女主人・おさよは、やむをえぬ事情から、能登屋の弦蔵を殺してしまう。考え抜かれた殺しの計画は完璧で、おさよは、奉行所の探索の手からうまく逃れたかにみえたが……。 殺しの下手人にしつこく喰らいつく、剣之介の追及がはじまる!

ジャンル
出版社
コスミック出版
掲載誌・レーベル
コスミック時代文庫
ページ数
316ページ
電子版発売日
2014年10月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

同心 亀無剣之介_わかれの花 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年03月31日

    犯罪を犯す理由が色々工夫されてて面白かった。登場人物が個性的で今までにない時代小説で続きが読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    この作家さんは初めてです。なかなか面白かった。
    時代劇版刑事コロンボって感じのお話です。
    一見、冴えない同心、亀無が犯人を追い詰めていくという、ちょっと陰湿な感じになりがちの内容なんですが、本人や周りのキャラクターで救われてる感じがします。
    続きも読むつもり。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年09月27日

    旗本と御家人の子息が果たし合い?で死亡。
    3人が死んだ同じ日に、薬売りが死亡。

    別々かと思われた事件の裏を捜査するうちに、、、。

    妻に先立たれ幼い娘を一人で育てながらの同心稼業。

    ホームドラマのようでもあったり、
    悲哀溢れる人情物語のようでもあったり。第3弾

    このレビューは参考になりましたか?

同心 亀無剣之介 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 同心 亀無剣之介_わかれの花
    風采があがらず、しょぼくれて冴えない侍――亀無剣之介は、毛羽だったちぢれ毛の髷と、名前の一文字から、ちぢれすっぽんと呼ばれる北町奉行所の名物同心。その風貌と、おどおどした言動は、奉行所のみならず、町民のあいだでも馬鹿にされているが、実は頭脳明晰であり、剣は鳳夢想流免許皆伝の腕前。見かけからは思いもよらない、切れ者同心であった。 ある日、沢木屋の女主人・おさよは、やむをえぬ事情...
  • 同心 亀無剣之介_消えた女
    ちぢれ毛の髷に、冴えない風貌―北町奉行所同心・亀無剣之介は、陰でちぢれすっぽんとあだ名され、奉行所内だけでなく、市井の町民にも侮られていた。しかし、しょぼくれた見かけの裏には、難事件を解き明かす明晰な頭脳と、下手人をとことん追いつめる執念、そして奉行所内でも一、二を争う剣の腕前を隠し持っていた。年明けも近い晩冬の江戸―。禅寺の崩れかけた鐘撞き堂で、大店の女主人が、鐘の下敷きに...
  • 同心 亀無剣之介_恨み猫
    ちぢれすっぽんと呼ばれ、同僚の武士どころか市井の町民、はては悪党にすら侮られている、北町奉行所の名物同心・亀無剣之介。 だが、しょぼくれた顔と冴えない言動の裏には、難事件を解き明かす鋭い頭脳と、鳳夢想流免許皆伝の剣術を隠し持っていた。殺しの下手人に対してさえ、したてに出る剣之介であったが、おどおどと、しかししつこく質問を繰り返すうちに、下手人は亀無の中に潜む高い知性と、悪を...
  • 同心 亀無剣之介_きつね火
    ちぢれ毛の髷にしょぼくれた顔……亀無剣之介は、その冴えない風貌ととぼけた態度から、周囲に無能と侮られる北町奉行所同心。仕事がつらいとぼやいてばかりだが、その本性は、犯人のほんのわずかな間違いを見逃さない、きわめて頭脳明晰な切れ者であった。ある日、不忍池の横の川に悪名高い金貸しの亡骸があがり、その近くで、商家の若旦那の斬殺死体が見つかる。現場の状況から、辻斬りの仕業かと思われた...
  • 同心 亀無剣之介 やぶ医者殺し
    冴えない風貌のせいで周囲からは侮られがちの、北町奉行所同心・亀無剣之介。厄介な難事件を押しつけられては、ぼやいてばかりのしょぼくれた中年男だが、じつは見かけと違い、とんでもない才能の持ちぬし―小さな矛盾や、下手人のわずかな隙も見逃さず、たちまちのうちに完全犯罪を瓦解させる、凄腕の同心であった。そんな剣之介が担当することになったのは、女絵師殺しの事件。被害者の娘は、年若ながら新...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています