還暦からの電脳事始

還暦からの電脳事始

作者名 :
通常価格 1,404円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ぼくがiPadを買ったわけ
ガラ携で充分だったはずなのに……遂にiPadの扉を開いてしまった!
「アラ還」からはじまる、驚きと発見に充ちたデジタルとの日々。


文壇のワープロ王子だったはずが……
字が汚くて、書くのが遅く、
ワープロがなかったら小説家にはなっていなかった、という著者。
「ワープロで小説を書くなんて」
――当時の文壇は電脳に否定的かつ閉鎖的だったけれど、
そんな空気をものともせず、これ幸いとワープロを導入したタカハシさん。
瞬く間に親指シフトを習得。
締め切りの追われ、書き上げた原稿が消失しても、
めげることなく、日々、作品を書き続けてきました。

あのとき、時代の先端を行く「文学界のワープロ王子」こと
タカハシさんも、気づけば還暦。
スマフォやタブレット端末が台頭しても、二つ折り携帯で用は足りる、
ツイッターも出来るし『電脳社会のガラパゴス島』にいても何不自由なく暮らしている。
それでいい、と思っていたのだが……。


ほんとうは羨ましかったんです
そんなタカハシさんを変えたのは、小学生の息子たちの存在。
説明書なしで、しかも、一夜にしてiPadを使いこなしてしまった!
その場面に遭遇したとき……本当は気になって、知りたくて、羨ましかった、
パンドラの箱だった「電脳の世界」の扉が開いてしまったのです。


アイ、アイパッド……ください!
ぼくは、いちばん親切そうで、優しそうな、
女性スタッフを見つけ、走った。
そして、彼女に向かって叫んだ。
「アイ……アイパッド、ください! 」
なんか、ちょっと、愛の告白みたいだった。
(本文より)


〈もくじ〉
1 はじまりは
2 さあ、はじめよう
3 書斎で 旅先で
4 トラブル&トライ
5 政治や経済とネットについて考えた
6 中の人びと
7 結局、使うのは人間なのだ


LINEやスタンプ、ツイッター、電子書籍、ユーチューブ、ネットショッピング、選挙、デザイン、映画、文学、アニメなど、デジタルとの日々を軽やかに綴る、デジタル・エッセイ。

「デジタルなんて」と敬遠しがちな人も、
「今からでも大丈夫」と勇気づけられること、間違いなし!

ジャンル
出版社
毎日新聞出版
ページ数
189ページ
電子版発売日
2014年08月22日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2014年10月20日

おもしろかった!
この本は、現在の私たちを取り巻くネットを巡る事情を、日常の何気ない一こまからから切り取って見せた、たいへんに読みやすい文化論である。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月13日

電脳アイテムから取り残され系のおじいさんの果敢な挑戦。iPadを購入しLINEをはじめる。音楽の視聴もCDからiPadへのダウンロードへ。せっかくの60インチのテレビもほとんど見ることなく情報はYouTubeから。小説家として致命的な原稿消失も経験されたという。トラブル&トライを重ねながら一端の電脳...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月05日

スマートフォンいじる幼児を見て異様な不安にかられるタイプだが、高橋さんが大丈夫、心強いことだみたくふるまってくれると多少安心しないでもない。一概に触るな!っていう態度もおとなげないよね、うん、これ嫉妬かなきっと!くらいには思える。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月26日

親指シフト以外は受け付けなかった還暦越えの著者が6才の息子が直ぐに使えたのを見て、果敢にもiPadを導入しそれを使って綴ったエッセイ、iPadが誰にでも使い易いことが良く分かります。ところで、海外でFAXが受信できなくてどうしようもなかったので、PDFにしたとのエピソードがあるのですが、出版業界も金...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月25日

高橋源一郎さんのiPadコトハジメ

1951年生まれ、還暦からの電脳事始、 のタイトル

三才年下なのか、、、

自分の歳のことを改めて考えてしまう、

電脳の中心はiPadに向かうのだろうか❓

自分が一番使っているのだが❓

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play