やりにくい女房 エッセイベストセレクション2

やりにくい女房 エッセイベストセレクション2

作者名 :
通常価格 641円 (583円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

これぞエッセイの真髄! まだ読んでいない貴方は幸せ者!
「昔の女房というものは、いつでも男のいうたときに寝てくれとった」「といいますと」「男とオナゴはいつもいがみ合い、ケンカしてる方がええのです」「どうしてですか」――。おせいさんとカモカのおっちゃんが、今宵も酒を片手に語り合う、旦那と女房のオツな関係、ブスと美人の人生収支。1971年から16年の長きにわたり週刊文春に連載された「女の長風呂」シリーズから選び抜いた、ベスト・オブ・田辺エッセイ第2弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
311ページ
電子版発売日
2014年08月22日
紙の本の発売
2013年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

やりにくい女房 エッセイベストセレクション2 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年06月10日

    「女の長風呂」シリーズを以前読んだ時に、ものすごい視点の鋭さを感じた一編「女のトイレ」が読めます。これだけでも読んでほしい!田辺聖子さんの筆力才知の深さを感じる文化文明論です。ずーっと昔に読んだのに、デパート等でトイレに行く度に思い出してました。最後の一行、駅のトイレで思い出すこと度々です。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年07月06日

    なんでもない出来事が、田辺ワールドではとんでもなくおかしみがフツフツと湧いてくる。おなじみの登場人物おっちゃんも大好きです!

    このレビューは参考になりましたか?

エッセイベストセレクション のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 女は太もも エッセイベストセレクション 1
    田辺聖子さんといえば、女性の心を鷲掴みにする甘やかな恋愛小説や、古典教養の世界に軽やかに誘う名随筆の数々……だけではありません。1971年から16年間の長きにわたり週刊文春に連載されたエッセイ「女の長風呂」シリーズには、男女の性の話、つまり下ネタが満載! 「女の性欲」「四十八手」「名器・名刀」などなど、今日の文豪・田辺聖子のイメージをひっくり返すようなタイトルが毎週並んでいました。も...
  • やりにくい女房 エッセイベストセレクション2
    これぞエッセイの真髄! まだ読んでいない貴方は幸せ者! 「昔の女房というものは、いつでも男のいうたときに寝てくれとった」「といいますと」「男とオナゴはいつもいがみ合い、ケンカしてる方がええのです」「どうしてですか」――。おせいさんとカモカのおっちゃんが、今宵も酒を片手に語り合う、旦那と女房のオツな関係、ブスと美人の人生収支。1971年から16年の長きにわたり週刊文春に連載された「女の長...
  • 主婦の休暇 エッセイベストセレクション3
    これぞ週刊誌エッセイの最高峰。読まずには死ねません! 「女は、子供か金あったら、男要らんのん、ちゃうかしらん」「どうもそんな感じですね」「男は、どうしても女なしでは生きていけん種族」「それはある、たしかに」――。明るく暖かな女たちと、威張りつつもいじらしさを湛える男たちが、ともに楽しく生きる! おせいさんとカモカのおっちゃんの会話からは、そんな素敵な日本人の人生が浮かび上がってき...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています