赤穂浪士 下
  • 最新刊

赤穂浪士 下

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

松の廊下の刃傷事件より百日ほどして、赤穂城を明け渡し、残務処理を済ませた大石内蔵助は赤穂を去って京都山科に隠棲する。敵の目を欺くために遊蕩の日々を繰り返す一方内蔵助は、内匠頭の弟・大学をたて浅野家再興を計るが叶わず、吉良邸討ち入りへと突き進む。史実を基に、お馴染みの怪盗蜘蛛の陣十郎・虚無的な剣士堀田隼人らが活躍。時代小説に新風をもたらした歴史的大作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
624ページ
電子版発売日
2014年08月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

赤穂浪士 下 のユーザーレビュー

レビューがありません。

赤穂浪士 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 赤穂浪士 上
    880円(税込)
    時は元禄14年。江戸城松の廊下において赤穂藩主・浅野内匠頭は、この間の無体な仕打ちに耐えかねて、高家・吉良上野介に斬りかかった。内匠頭は即日切腹、一方上野介には一切お咎めなしとの公儀裁定が下る。赤穂城内では国家老・大石内蔵助を中心に、強硬派と穏健派に分かれ大評定が繰り広げられる。他方、上野介と縁戚関係にある上杉家は累が及ぶのを畏れ、内蔵助に間者を差し向けた。
  • 赤穂浪士 下
    880円(税込)
    松の廊下の刃傷事件より百日ほどして、赤穂城を明け渡し、残務処理を済ませた大石内蔵助は赤穂を去って京都山科に隠棲する。敵の目を欺くために遊蕩の日々を繰り返す一方内蔵助は、内匠頭の弟・大学をたて浅野家再興を計るが叶わず、吉良邸討ち入りへと突き進む。史実を基に、お馴染みの怪盗蜘蛛の陣十郎・虚無的な剣士堀田隼人らが活躍。時代小説に新風をもたらした歴史的大作。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています