だいたい四国八十八ヶ所

だいたい四国八十八ヶ所

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 770円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

特に神妙な動機は何もなく、一周してみたい(四国)、全部回ってみたい(八十八ヶ所)。いっぱい歩きたい、という理由ではじめた四国へんろの旅。次々とできるマメの痛みや避けられない台風、たくさんの難所に悩まされつつも、とにかく歩いた合計六十四日間。自転車でしまなみ海道を渡ったり、カヌーで川を下ったり、信心薄め、観光&寄り道し放題の、タマキング流「非・本格派」へんろ旅の全記録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / 紀行
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2014年07月11日
紙の本の発売
2014年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
28MB

だいたい四国八十八ヶ所 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月03日

    この本は特に面白い本というわけではないが、星5つである。四国88箇所をめぐるという目的があるので、飽きずに読み進められる。自分も四国をめぐっている気分になってくる。旅行の疑似体験という意味では、非常にお勧めの本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月13日

    2021/01/12
    宮田さんのゆるい四国八十八ヶ所巡礼についての紀行文。
    タイトルにだいたいとあるように、本当にだいたいとなっている。
    四国にある八十八ヶ所の寺を回るのに、一気に回るやり方と分割して何日、何年かに跨いで回る方法があるようである。
    1つ1つの寺についての解説もさることながら、途中で出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月30日

    2014年1月が第1刷なのに楽○では入手できず、ようやく手に入れた本書。タイトルどおり程よく力の抜けたお遍路紀行で、お気に入りのフレーズに附箋を付けていったら、10本以上にもなってしまった。予想外に面白い文体で、著者の他作品を消費税増税前に駆込み発注してしまった。八十八番札所を打ち、札所巡り1周を果...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月06日

    お遍路さんの時の体験がゆるーく書かれていて、ぽーっと読むことができました。
    作者の辛かった、よかったと感じたところがいろいろ書かれていて、そういうことがありそうだなー、と感じる本でした。

    考え方的な部分は好みは多少あるかもしれないけど、僕はこの人の考え方はありかなと思いました。というか僕も同じよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月30日

    理由なく、四国八十八巡りを歩いてみたいと、思い立ったが吉日。東京からはるばるフェリーで徳島県1番礼所の霊山寺をスタートした著者。気分はお気楽観光、信仰心などこれっぽっちもない。タイトルの「だいたい」が示す通り、脱力系で寄り道しまくりの旅日記。いつでもやめてやるという鉄の意志を持った著者が四国内をずん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月09日

    地元、気になるお遍路さんの旅行記ということもあり、個人的にはとても面白かった。
    ただ、それ以上に作者の文章や考え方が自分好みで終始楽しく読ませてもらった。
    「意味を考える前に計画を立て、結論が出る前に出発してしまう。これが大切である」
    「やりたいことは面倒臭い」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月25日

    知ってるお寺とかが出てきて楽しく読めた。

    区切り打ちだったら別に歩きにこだわらず公共交通機関を使ってもいいんじゃないかと思った。楽して回ろうよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月03日

    おもしろかったー!!
    私はゆる~いエッセイが好きなので、とってもゆる~い気分で四国八十八か所を体感した気分♪
    何でも人によって感じ方やこだわりが違って、こんな楽しみ方もあるんだと感心した。
    電車で読んでると吹き出しそうになって危ない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月12日

    お遍路前に読みたくって。
    とにかく!面白かった!!!
    お遍路観が変わった一冊。
    わたしも筆者のように観光気分が強くて、さらに一緒に行く友達には時間制限もあるから、さくさくお遍路しようと思っていた。
    とにかく長い距離をワイルドに目的をもって歩いてみたくて。もはや長期的スタンプラリー。
    お寺が目的だから...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月15日

    脱力感満点の著者の姿勢が心地よい。
    かといって面白おかしいことばかり書いているわけではなく、時折旅について真面目な考察なんかが挟まれていて、そのバランスがいい。

    P304凡庸な日本の一地方か、奇跡の土地か。
    おそらくそのような問いには意味がない。そこに答えはなく、四国巡りの体験があるだけだ。ことさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング