ST 化合 エピソード0 警視庁科学特捜班

ST 化合 エピソード0 警視庁科学特捜班

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※本作品は 2011年8月5日~2014年7月10日まで販売しておりました単行本版『化合』の文庫版となります。本編内容は同じとなりますので予めご了承下さい。既に同作品をご購入されているお客様におかれましてはご注意下さい。

エリート検事の暴走vs.捜査現場の必死。STの原点がここにある!"捻じ曲げる"検事。心に叛旗を翻し刑事は孤独に戦う。現場は検察の暴走を止められるのか? エリート検事は殺人事件を異例の陣頭指揮と鑑識結果の強引な解釈で早期解決を強行する。疑念を抱く捜査一課の若手・菊川と所轄のベテラン・滝下は独断で動き始める。拘束された被疑者が"落ちる"までに二人は証拠を捜し出せるのか!?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2014年07月11日
紙の本の発売
2014年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ST 化合 エピソード0 警視庁科学特捜班 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月27日

    烏山みたいな検事がいたら…怖い。もしかしたら冤罪って簡単に起きてしまうのかも。後半の畳み掛けが良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月07日

    駆け出し刑事の頃の菊川が冤罪を防ぐべく、真犯人に迫るSTシリーズの前日譚。バディ物として面白く、タイムリミットが設定されているため、ハラハラしながら読める。STと違って刑事物の王道ストーリーのため、文章も重厚。本件の教訓がST設立に繋がる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月14日

    久々にちゃんとした警察モノを読んだ気がする。
    自分で残り4冊をまとめ買いしたSTシリーズのエピソード0。
    まだSTチーム結成前の菊川さんが若かった頃のお話。なんとST結成の10年前とのこと。
    このため、まだまだ科学捜査が活用しきれておらず、地道で泥臭い捜査を刑事さんたちがしっかりとやってくれる本格的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    STシリーズでは味あるベテラン刑事で登場する菊川さんが活躍するのが面白い。
    滝下さんも味があって素敵だし、刑事たちを束ねる課長たち3人、そして、上司の三枝さん、ラストで潔く非を認めた検事さんもそれぞれ一癖ふた癖味わいがあって、とても面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月04日

    めちゃめちゃ面白くて一気に読んだ。
    S Tのメンバーは出てこないけど 今まで読んだS Tシリーズの中でこれが1番面白かった。正確には これはS Tシリーズじゃないかもしれないけど。
    もともとS Tを読んでて 菊川刑事が1番好きだったし。
    滝下刑事 三枝刑事とのやりとりや捜査 検事との対立 そして殺人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月02日

    STシリーズを読んだ上でこのエピソード0を読むのがいい。まだSTと出会う前の、捜査官の菊川のお話。あの菊川も、最初はこうやって操作方法などを学んでいたんだなーとなんとなく微笑ましい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月24日

    「化合 エピソード0」

    STが出る前の話し!

    検事の力ってものすごい威力を持ってるんだって初めて知った!
    検事が有罪と決めれば裁判官も高い確率で有罪判決を出す。
    判事に至っては研修で無罪に持っていく勉強をしないとか。
    小説なんで盛ってるのかもしれないけどこれで冤罪になってる人って多いんだろうか?...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月15日

    三枝警視と菊川警部補の若い頃の話なんで、STも結成されておらず、百合根警部もSTメンバーも登場しない。
    それでも真実を求めて奔走する刑事たちの物語として、十分に楽しめた。
    シリーズの他の作品を読んでいなくても大丈夫やと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月13日

    警視庁科学特捜班 ST シリーズ。
    エピソード0なので、ST発足前の話。
    菊川や三枝の昔の話。
    これはこれで、泥臭い刑事ドラマのようで面白く読めました。
    ただ、検事のチカラってすごいんだなってこともわかり、恐ろしい気分にもなりました。
    次回作が楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月08日

    「ST 化合 エピソード0」つまり、警視庁科学特捜班が登場する前の話が描かれている。若かりし頃の捜査一課の菊川とベテランの滝川が活躍する話だ。最近の今野氏の作品では、捜査本部に検事や刑事調査官が登場する話は殆どないが、そういう意味では、この作品で登場するエリート検事や刑事調査官が捜査本部をかく乱する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ST 化合 エピソード0 警視庁科学特捜班 に関連する特集・キャンペーン