乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ (1)
  • 完結

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ (1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

1420年、ボヘミア王国。戦争により家族を虐殺された12歳の少女シャールカは、フス派義勇軍の英雄ヤン・ジシュカに導かれ、仲間たちと共に反カトリックの戦いに身を投じていく。
15世紀、中央ヨーロッパで起こり「宗教改革」の端緒となった「フス戦争」をモチーフに、少女の視点で、史実に基づいた凄惨な戦争を描く歴史巨編!!

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
月刊アクション
電子版発売日
2014年04月10日
紙の本の発売
2014年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
99MB

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ (1) のユーザーレビュー

    購入済み

    歴史をちゃんと踏まえている

    k-asano 2019年11月26日

    今大量に氾濫している歴史ファンタジーものとは明確に一線を画する歴史コミック。
    日本人にはなじみの薄いフス戦争を舞台にしているところが歴史の勉強にもなっていい。
    ヒロインをはじめ登場人物も生き生きとしている。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    出だしのインパクトがすごい

    宮ちゃん 2017年08月27日

    シャールカが巨根の兵士にヤラれるという出だしがすごい。おまけに彼女にプロポーズした少年があっけなく爆死する弱者が虫けらのように扱われた宗教戦争の東部ヨーロッパでピーシュチャラを持って立ち上がるシャールカの健気さがいい。ただせめてマスケット銃だったらいいのにね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月11日

    15世紀のヨーロッパ。新興のフス派とカトリック派が対立して勃発した『フス戦争』を題材にした戦記もの。
    表紙の可憐な少女とタイトルに騙されてはいけません。歴史的事実に基ずいた骨太な内容で、かなりエグい描写も多いです。
    神学者ヤン・フスの教えは至極真っ当なものだったはずのに、なぜ信徒たちは過激化し、凄惨...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月14日

    私が全然知らない世界史の史実をもとにしているので興味深い。史実の中に架空の少女を登場させて、戦争の残酷さとコントラストをとっているあたりが私の書いた脚本と共通点として見られる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月25日

    可愛らしいお嬢さんの表紙に騙されて買うと痛い目に合う漫画でした。
    中世ヨーロッパ、フス戦争を題材にした歴史漫画。あらすじを見てガチかな、と予測はしてましたが想像以上にヘビー。
    これだけ落とされれば、普通ならラウラ見たく壊れてしまいそうなのに、その彼女すら救う聖性がシャールカにある。が、見ていて危うげ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月18日

    中世戦争もの。多分フス戦争を取り上げたのは神としか言いようがない。

    エログロ最前線な宗教戦争は話題としてはかなりいい出来。聖女展開?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月21日

    まさか開始数ページで少女凌辱。
    なのにほんわか萌え絵柄というアンバランスが面白い。
    ピストルの語源となるピーシュチャラ。
    ボヘミア王国。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月06日

    ダンス・マカブルに比べれば、残酷さ無情さが飲み下しやすくなっている。まあアチラはそういうコンセプトっつうかなんつうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月13日

    おもしろかったけど、絵か話かどっちかにもうひとつ足りなくて星3つくらい‥。いまいちテーマがよくわからない。キャラの魅力が弱い。かわいい!と思える瞬間はあるし、それぞれのキャラの方向性はわかるんだけど、かたまりきってないというかだしきれてないというか、十人並み。
    キャラで魅せたいのか話で魅せたいのかも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    Posted by 読むコレ 2016年11月18日

    BookLive!にて2巻まで無料セールしていたので購入。
    別書店で以前セールで購入して続きもそちらで買っているのですよね~
    BookLive!はブラウザでも読めるので、買い替えようか悩ましいです。

    このレビューは参考になりましたか?

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ のシリーズ作品 全12巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~12件目 / 12件
  • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ (1)
    完結
    1420年、ボヘミア王国。戦争により家族を虐殺された12歳の少女シャールカは、フス派義勇軍の英雄ヤン・ジシュカに導かれ、仲間たちと共に反カトリックの戦いに身を投じていく。 15世紀、中央ヨーロッパで起こり「宗教改革」の端緒となった「フス戦争」をモチーフに、少女の視点で、史実に基づいた凄惨な戦争を描く歴史巨編!!
  • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(2)
    完結
    1420年、ボヘミア王国。フス派の傭兵隊長ヤン・ジシュカは新兵器「ピーシュチャラ(初期の銃)」と「信仰心」を利用して農民や女性、子供までも軍へと編成した。フス派ターボル軍2千vsカトリック派十字軍10万。歴史を変える戦いが幕を開け、兵士となった12歳の少女シャールカは、凄惨な戦場の現実を目撃する!
  • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(3)
    完結
    カトリック派十字軍10万の騎士たちを2千で破った、ヤン・ジシュカ率いるフス派ターボル軍。少女兵シャールカが戦い続ける事に迷いを感じる一方で、戦勝に沸くターボル軍の元には次々と入隊希望者が集まる。フス派の勢いが最高潮に達したその時、大いなる陰謀が姿を現し、新たな戦いの幕が開く――!!
  • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(4)
    完結
    カトリック派が堅守する重要拠点「ヴィシェフラト城」。ヤン・ジシュカ率いるフス派軍は難攻不落のこの城を攻めあぐんでいた。そこへ天才工学者コンラート・キーザーの孫娘、リーゼロッテが援軍に駆けつける。リーゼロッテの奇策からフス派軍は突破口を見つけるが、戦局は膠着し、ジシュカは勝利の為に非情な決断を下す!!
  • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(5)
    完結
    フス派の援軍として現れた、全裸の男女の軍団アダム派。少女兵シャールカは、その一員となっていた懐かしい友ガブリエラと再会を果たす。ガブリエラに誘われるまま、アダム派のミサに参加したシャールカは、恍惚状態でまぐわう信者たちの姿に圧倒される。異質な信仰を持つアダム派に対してジシュカは警戒心を強めていく。
  • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(6)
    完結
    フス派軍が無敵を誇ったワゴンブルクは、十字軍の名将フィリポ・スコラーリとクマン人の弓騎兵戦術の前に完敗した。先鋒隊を指揮したフロマドカは討ち取られ、天使隊の少女たちも奴隷とされてしまった。遅れてクトナー・ホラに辿り着いたジシュカは1万2千の兵で十字軍10万を迎え撃つが――!?
  • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(7)
    完結
    フス派軍vs十字軍の熾烈な宗教戦争は続く。フス派軍指揮官ヤン・ジシュカが十字軍に下り、絶体絶命のフス派軍。さらなる奴隷を求めて少女兵シャールカらの拉致を企てるクマン騎兵。度重なる敵の非道に逆上したフス派軍は救出の為に軍を起こす。この戦いの行方は――!?
  • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(8)
    完結
    15世紀、中央ヨーロッパで巻き起こるフス派軍vs十字軍の熾烈な宗教戦争。指揮官ヤン・ジシュカの知略により再び十字軍を退けたフス派軍だったが、様々な人物の思惑が対立し、フス派は分裂してしまう。泥沼化する内紛に巻き込まれた少女兵シャールカは、予期せぬ幸福を手にするが、過酷な選択を迫られることに――。
  • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(9)
    完結
    15世紀、中央ヨーロッパで巻き起こるフス派vsカトリック派の熾烈な宗教戦争。三つ巴の内紛状態が解消され、ヤン・ジシュカの指揮の下、常勝するフス派軍。勝機を見出せないカトリック派軍は禁断の策に出る。語られるジシュカの過去。ヤン・フスからジシュカへと引き継がれた信念は次の世代へ――。名将、最後の戦いに出る!!
  • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(10)
    完結
    15世紀、中央ヨーロッパで巻き起こるフス派とカトリック派の熾烈な宗教戦争。英雄ヤン・ジシュカの死から5年。フス派軍はカトリック派の周辺諸国と戦い続けていたが、シャールカは記憶を失い旅芸人の一座に加わっていた。マリーと名乗り、踊り子として暮らすシャールカは、巡業で訪れたフランスで聖女ジャンヌ・ダルクと知り合う。歴史に翻弄される二人の乙女の運命は――――!?
  • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(11)
    完結
    15世紀、中世末期の中央ヨーロッパで巻き起こるフス派とカトリック派の熾烈な宗教戦争。7年ぶりにフス派に復帰したシャールカ。英雄ヤン・ジシュカの死後もフス派軍は破竹の進撃を続けていたが、皇妃バルバラの陰謀で思わぬ陥穽にかかる。一方フス派の残虐行為を目にしたシャールカは衝撃を受け、重大な決意をすることに…。それぞれの運命が転回する第11巻!!
  • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(12)
    完結
    15世紀前半、中央ヨーロッパで巻き起こったフス派とカトリック派の熾烈な宗教戦争は、いよいよ終局に近付いていた。バーゼルでカトリック派と交わされた和平条件は、急進フス派のターボル、オレープ勢には受け入れられず、穏健フス派の聖杯派との亀裂が深まる。平和を希求するシャールカは両者の間に立って衝突を避けようとするのだが……。出会い、別れ、謀略、裏切り、憎しみ、そして愛……中世ボヘミアを舞...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ に関連する記事