「大西巷一」おすすめ作品一覧

「大西巷一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/05/17更新

ユーザーレビュー

  • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(5)

    ガブリエラのファンでした

    ガブリエラとアダム派との黒死病患者を隔離する中州での出会いは創作だそうだがファンとしてはああいう死に方をして欲しくなかったな。そういえばガブリエラの流産シーンも不自然にカットされていましたが弱者が虫けらのように殺される宗教戦争真っ只中15世紀の東ヨーロッパを背景に描くなら陰惨な箇所もカットして欲しく...続きを読む
  • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ (1)

    出だしのインパクトがすごい

    シャールカが巨根の兵士にヤラれるという出だしがすごい。おまけに彼女にプロポーズした少年があっけなく爆死する弱者が虫けらのように扱われた宗教戦争の東部ヨーロッパでピーシュチャラを持って立ち上がるシャールカの健気さがいい。ただせめてマスケット銃だったらいいのにね。
  • ダンス・マカブル ~西洋暗黒小史~ 1

    いい意味で裏切られた

    あまり期待していなかったが、思ったより面白かった。
    最初の方はただの悪趣味な拷問とかを楽しむ漫画のつもりで読んでいたが、異端審問官の心理が徹底して「心から善行としてやっている」というものだった所に感心し、
    最後のイエスの話も、実際はイエスやその周りの人々もこんな感じだったんだろうなと、納得しなが...続きを読む
  • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ (1)
    15世紀のヨーロッパ。新興のフス派とカトリック派が対立して勃発した『フス戦争』を題材にした戦記もの。
    表紙の可憐な少女とタイトルに騙されてはいけません。歴史的事実に基ずいた骨太な内容で、かなりエグい描写も多いです。
    神学者ヤン・フスの教えは至極真っ当なものだったはずのに、なぜ信徒たちは過激化し、凄惨...続きを読む
  • 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ (1)
    私が全然知らない世界史の史実をもとにしているので興味深い。史実の中に架空の少女を登場させて、戦争の残酷さとコントラストをとっているあたりが私の書いた脚本と共通点として見られる。

特集