講談 碑夜十郎(下)
  • 最新刊

講談 碑夜十郎(下)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

権力をカサに賄賂はとるわ、町人の若女房を手ごめにしようと企んだりのやりたい放題が、幕府の上から下まで蔓延していた。いろいろな仕掛けで役人たちと渡り合う夜十郎と河内山たち。少しずつ記憶を取り戻す夜十郎だが、どうやら時代を超え、江戸時代に迷い込んでしまったらしい。そんなところへ“巨人様”と呼ばれる謎の男が出現。夜十郎は生命をかけて謎の男と対峙する。著者の時代SF小説代表作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
408ページ
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

講談 碑夜十郎(下) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    SF時代小説『講談 碑夜十郎』の下編。

    1996年にNHKの金曜時代劇で「天晴れ夜十郎」というタイトルで映像化されたものの原作です。

    このレビューは参考になりましたか?

講談 碑夜十郎 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 講談 碑夜十郎(上)
    660円(税込)
    時は天保、ところはお江戸。闇にそびえる巨大な石碑の傍らに正体不明の男が素っ裸で倒れていた。通りかかった美女・お絹が、自分の長屋に連れ帰る。お絹は男に一目惚れ、せっせと面倒を見はじめる。名無しじゃあ困る、ということでつけた名前が碑夜十郎。お絹も正体が定かではないが、なぜか河内山宗俊率いる天保の六歌撰の面々と繋がっていた。悪を憎む男と、世の中に不満を抱く面々が動きはじめる。著者の代表的時代小説。
  • 講談 碑夜十郎(下)
    660円(税込)
    権力をカサに賄賂はとるわ、町人の若女房を手ごめにしようと企んだりのやりたい放題が、幕府の上から下まで蔓延していた。いろいろな仕掛けで役人たちと渡り合う夜十郎と河内山たち。少しずつ記憶を取り戻す夜十郎だが、どうやら時代を超え、江戸時代に迷い込んでしまったらしい。そんなところへ“巨人様”と呼ばれる謎の男が出現。夜十郎は生命をかけて謎の男と対峙する。著者の時代SF小説代表作。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング