暗殺春秋

暗殺春秋

作者名 :
通常価格 591円 (538円+税)
紙の本 [参考] 597円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

研ぎ師の勝蔵は剣の師匠・奥山孫左衛門に見込まれ、暗殺者の裏稼業を持つようになる。九寸五分の匕首で次々に悪党を消してゆく中で、次第に現れる闇の権力者・一橋治済の影。治済と老中・青山忠裕の陰の争いに巻き込まれていく勝蔵もまた、いつしか殺しの悦楽にはまり、のっぴきならなくなっていく……。

解説・井家上隆幸

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
543ページ
電子版発売日
2018年05月31日
紙の本の発売
1999年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

暗殺春秋 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年10月27日

    【暗黙の了解】

    正しい人殺しはないと、歴史がいう。そんな時僕は思うんだ。死刑とはなんだろうかと。正しい殺人がないのなら正しい死刑もないのではないのだろうか?人を、人が殺す事は本当にタブーなのか?あまりにも身近で、よく考えたくない事かもしれない。人は毎日、殺されている。殺すと言う事が最後に導く先を、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています