女たちのサバイバル作戦

女たちのサバイバル作戦

作者名 :
通常価格 838円 (762円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

「働く女性は、以前より生きやすくなったのか?」上野千鶴子さんの答えはイエスであり、ノーでもあります。1986年の男女雇用機会均等法、2000年代の小泉ネオリベラリズム改革によって「総合職」「一般職」「派遣社員」へと分断された女性たち。それには、グローバル化に適応したい経済界の要請もありました。家事や育児を背負いつつ、「男性社員のような」働き方を求められ、脱落したら「自己責任」。もはや「お局サマ」にすらなれない厳しい時代をどう生き抜くべきか。女性たちの変化を優しく、厳しく見つめてきた上野さんが説くサバイバル指南の書。全女性、必読!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
電子版発売日
2013年12月06日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

女たちのサバイバル作戦 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月07日

    ひとりダイバーシティ、漠然と手を伸ばしたほうがいいんだろうな、と思いながらも、より強く感じた。
    また、フェミニズムは社会を変えない、社会の変化はいつも外的要因で、グローバリゼーションからの革新的な企業の台頭によるものになる。
    女性の労働環境を変えるのは、いつだって産業革命や文明開花、そしてグローバリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月05日

    最近読んだ本のなかでいちばんグサっときた…!
    男女雇用機会均等法って手放しでいいものだと思ってた。というふうに高校生の時から授業でも教えられてきた気がする。
    でも。。。均等法の盲点は、「平等」ではなく「機会均等」ということ。そしてそれは「正社員についてのみ」定められていること・・・同年に成立した労働...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月02日

    女性の労働環境に関して、1985年の男女雇用機会均等法の制定から現在に至るまでを俯瞰できる良書。

    「女性は本当に戦っているんだな」と第三者的な視点で読んでいること自体が、著者に批判されそうであるが、これが素直な感想である。著者が言うことろの男の得意技である、否認、逃避、嗜癖そのものかもしれない。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月20日

    男女雇用機会均等法から30年—。
    確かに女性にとっての『雇用機会』は、均等になった。女性の大学進学率は増加し、男性と同じように就職戦線へ進むようになった…。
    が、総合職と一般職、さらには正規社員と非正規社員…そんな組織都合の雇用機会が増えるばかり。また結婚や出産による女性に対するマイナス評価は一向に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月06日

    日本のフェミニズム論者として牽引役だった上野先生による、男女雇用機会均等法前後から現在に至る日本人女性の置かれた状況の変遷史。

    女の子が人身売買されたり、男の何分の1の給料で働かされたり、寿退職を迫られたり、搾取や差別が当たり前だった近代前期に比べれば、今は相当改善されたといえよう。
    だけど、出産...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月02日

    ・成功している女性は父親から「息子のように」扱われていた、が印象的。自分も「女の子だし」と娘に言わないように気をつけようと思う。
    ・娘にぜひ読んでほしい一冊。キャリアと育児の両立がうまくいかないのは自分のせいだけじゃない、社会のせい。そしてそう思ってる人は多いから大丈夫。
    ・百姓は季節で職業を変えて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月13日

    残念ながら男性からすると、どれだけ女性が冷遇されているのかがよく分からない。それがどのような歴史の変遷を辿ってきたかを細かく伝えてくれる。思い返してみれば、僕が子供の頃にテレビなどで知っていた世界、それどころか小学校や中学校であっても、男性優位だったように思う。そんなことさえ気づいていなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月10日

    女性にはとりわけ読んでもらいたいが、男性にも今の女性が置かれている状況、並びに自分たち男性が置かれている状況を知り、自らの立場を客観視するためにも読んでもらいたい。
    残念だったのは、もう少し個別具体的な解答を与えてほしかったという点である。しかしながら、筆者の反省と謝罪、責任を果たす姿勢には胸を打た...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月11日

    饒舌な勢いのある論の展開。
    ボリュームはあるが、一気に読ませる力がある。
    何と、生きにくい世の中だろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月01日

    男女雇用機会均等法から出版された2013 年までの上野さんの振り返り記録と思いを述べた本。日本社会自体が女性にとって不利な仕組みのなかでどう将来を生き抜くのが良いかの結論が日本や会社に頼らず生きれる力を付けて欲しい、捨てていくことができないなら現状社会を変える為の微力でも行動して欲しいというのが、そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

女たちのサバイバル作戦 に関連する特集・キャンペーン