浮世女房洒落日記

浮世女房洒落日記

作者名 :
通常価格 712円 (648円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

お江戸は神田の小間物屋、女房・お葛は二十七。お気楽亭主に愛想つかし、家計はいつも火の車。それでも風物たのしんで、美顔の探求余念なし。ひとの恋路にゃやきもきし、今日も泣いたり笑ったり。あっけらかんと可笑しくて、しみじみ愛しい、市井の女房が本音でつづる日々の記録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
271ページ
電子版発売日
2013年11月22日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

浮世女房洒落日記 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月07日

    江戸時代の主婦、お葛さんの日記。
    とても面白かった!やはり、江戸時代の市井の雰囲気、大好きです。みなそれぞれが、季節の行事事などをちゃんと楽しんでいる。忙しい現代ではなかなかできてないことですよね。登場人物も皆個性的、人間味あふれててとても良いです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月27日

    この本は、長屋で小間物屋を営む二人の子供を持つ夫婦が主人公。この奥さんであるお蔦さんが、正月に日記を書くことに決めたというシチュエーションですすむ。
    わけあって大店の手代を辞めることになった清さんが、居候で共に働く。亭主の辰三は、絵に描いたような江戸っ子。
    祭りに目がなく、喧嘩っ早くお金が懐に収まら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月24日

    面白くて面白くてケタケタ笑いながら読んでしまった。正月から師走まで1年通して書かれた日記。作者は江戸で小間物屋をしているお葛さん。その亭主がとにかく笑える馬鹿。仕事に精を出さず、見栄っ張り、喧嘩っ早く、子供より子供。亭主の馬鹿っぷりに日記でツッコミをいれるお葛さん。言い回しや的確な指摘が最高に洒落て...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月12日

    大正初年に建てられた古びた洋館の天井裏で見つかった江戸時代に小間物屋を営む女が描いた日記。昭和の初め頃、一人の男がその日記に興味を持ち現代語訳したものらしい。
    面白い。本書の設定も日記の内容も。
    日記の書き手はいつもぷりぷり怒りながらどんどん突っ込みを入れていく。その様が軽快で痛快でとても良い。自身...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月28日

    奇妙なもの音に目を覚ました場面から始まり、見慣れない箱が屋根裏に出現…という始まりだったから、何かオカルト的なオチがつくのかと思っていたら、
    『男もすなる日記というものを…』的な、前置きというか、設定の紹介だったようだ。

    時代設定は、文化文政から天保のあたり。
    一文は約25円に換算。
    どの年かは分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月18日

    ものすごーーーくおもしろかった! すばらしい! 大好きだ。
    江戸時代の小間物屋さんの奥さんが書いた日記。
    まるで現代のブログみたい。日々の仕事と暮らし、子どものこと、お出かけ、おいしいもの、季節の行事、ご近所さんとのおしゃべり、そして夫とのけんかや愚痴。口調もブログ日記みたいで読みやすくて。おもしろ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月07日

    ただの日記と簡単に言ってしまえば、そうなのだけど江戸時代の一年の暮らしを垣間見れて、面白かった。なぜか心が和む。
    きっちり一年で終わってしまうので、清さんの恋がどうなったのかがわからないのが残念!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月13日

    木内さんの作品はいつもその時代に引きこまれるけれど、これは長屋の3軒先くらいから眺めているような、絶妙な距離感で楽しめた。長屋の生活が生き生きと伝わってきて、もうお葛さんはじめ、明日はどうなる?と、だんだんさえちゃんや清さん、六さんたちが気になり始める。
    ご近所とは適度に距離を置き、ここがお節介しど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月08日

    これに出てくる男の人は
    ダメ男かいい男しかいないのか
    と思ってしまうけれど、
    女の人も男の人も全員
    楽しいという事が大切。
    というスタンスが素敵。
    キャラクター皆魅力的。

    日記形式で、若干物足りなさというか
    内容が薄い感じがした。
    でも最後まで興味深く読めた。
    その時代の詳しい話が出てくるのも良い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月17日

    小間物問屋の女房が日記の形で綴る、江戸時代庶民の一年。
    当然ながら今とはまるで違うその頃の生活がよくわかる。
    まるで違うけれど、でも、生きている人たちの日々の思いなどは、案外今と変わらないのね・・と思わされる。

    ぐーたらでけんかっ早い亭主に愛想をつかし、家計はいつも火の車。子供はやんちゃで手がかか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています