ロードサイド・クロス 上

ロードサイド・クロス 上

作者名 :
通常価格 806円 (733円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

現代米国ミステリの最高峰、ディーヴァーの「リンカーン・ライム」シリーズ。同シリーズの『ウォッチメイカー』で初登場したのが、嘘を見抜く達人キャサリン・ダンス捜査官。本作は「このミス」第5位に選ばれた『スリーピング・ドール』に続き、彼女が主人公を張ります。人を轢き殺したとして有名ブログで吊し上げられた少年をバッシングした者が、次々に命を狙われる。ダンスは失踪した少年をリアル世界とネットの両面から追うが……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
シリーズ
キャサリン・ダンスシリーズ
電子版発売日
2013年11月08日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ロードサイド・クロス 上 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年01月26日

    前作の事件に関する“後始末”的な挿話が登場するので、シリーズの前作から読んだ方が善いのかもしれないが…独立作品として十二分に愉しい!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月07日

     ダンス捜査官のシリーズ。
     ネットいじめに端を発する殺人未遂がおこる。
     事件の前には、道路わきに十字架が建てられるという陰湿さ。

     ネットの無責任な発言がどんどん広がっていくことを、言葉で説明するのって難しいよね。特に、2009年あたりだと知ってる人は知ってるけど、知らない人はまったくわ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月27日

    登場人物が多くて一寸パニックに(笑)

    前作の「スリーピング・ドール」で残忍な犯人のダニエル・ペレの名前も出てきて、あの事件がまた関係してるとはねぇ・・

    今回はネットという世界での私たちが普通になじんでいるBlogの投稿から事件が拡大して行く。

    コメントから憶測や、うわさ話や中傷が、やがては殺人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月15日

    リンカーン・ライム・シリーズのスピンオフ、キャサリン・ダンス・シリーズの第二弾。

    キャサリン・ダンスは人間の動作から心理分析を行う『キネシクス』のエキスパート捜査官。今回、彼女が追うのはロードサイド・クロス・キラー事件。そんな中、彼女の実の母親が殺人容疑で逮捕される…

    一方、ロードサイド・クロス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月05日

    キャサリン・ダンスシリーズの第二作。

    交通事故で亡くなられた人のために道路脇に立てられた十字架は、
    実際に見かけたことがあるので
    最初の部分の不気味さは半端なかった。

    その後、ネットでのいじめや仮想世界ゲームの話になってしまい、
    不気味さが失われ、
    また、キャサリンの特技である尋問の場面がなくて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月24日

    ディーヴァーさんに
    求めるレベルが高くなりすぎて
    ちょっとエンプティ・チェアーのときみたいな
    ダレた部分もあったけどやっぱ
    ツイストしてくるあたり流石火星人

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月26日

    キャスリン・ダンスシリーズ第2作。最後の解決編が、「誰も容疑の該当者がいないから」という方法はどうかと思うが、途中二転三転するストーリー展開はスリリング。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月02日

    女子高校生が連続して襲われ、殺されそうになるが九死に一生を得る。被害者はいずれも、インターネットのニュースサイトにコメントし、同じ高校の生徒をバッシングしていた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月12日

    キャサリン・ダンスシリーズ
    レビューは下巻で。
    リアルとバーチャル、本音と建前、そんなことがキーワード。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月20日

    ブログや、オンライン・ゲームという分野に関連して話が展開していく。犯人も残虐で今まで以上に恐ろしい相手だ。

    このレビューは参考になりましたか?

ロードサイド・クロス のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ロードサイド・クロス 上
    現代米国ミステリの最高峰、ディーヴァーの「リンカーン・ライム」シリーズ。同シリーズの『ウォッチメイカー』で初登場したのが、嘘を見抜く達人キャサリン・ダンス捜査官。本作は「このミス」第5位に選ばれた『スリーピング・ドール』に続き、彼女が主人公を張ります。人を轢き殺したとして有名ブログで吊し上げられた少年をバッシングした者が、次々に命を狙われる。ダンスは失踪した少年をリアル世界とネットの両面から追うが……。
  • ロードサイド・クロス 下
    ネットの闇に挑む、美貌の「人間嘘発見器」キャサリン・ダンス捜査官。待ち受ける結末が貴方の度肝を抜く! 犯罪計画の見事さ、そしてキャラクター小説としての面白さも備えた、ディーヴァーの作品群の中でも指折りの傑作です。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています