ヤング 島耕作(1)
  • 完結

ヤング 島耕作(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

島耕作は大手電機メーカー・初芝電産に勤めるサラリーマン。出世に不利だとは知りながら、社内の派閥には属さず、誠実に仕事をこなしていた。確実に実績を伸ばしていった島は、若くして課長に昇進。その後も順調に会社へ貢献していく。これはそんな島の新人時代のエピソードだ! 無事研修を終え、第一希望の宣伝広告部門に配属された島。激動の時代、理想と現実の間でもがきながらも彼は着実に成長していた。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
イブニング
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
80MB

ヤング 島耕作(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    古い時代の悪習も描かれてます

    strawberry 2020年04月28日

    古い時代の悪しき風習も、きちんと描かれます。高度成長期の華々しい所だけを、華麗に描くのではなく、この一巻から、不法投棄や縁故入社などの悪習も描かれており、清々しいだけではなく、心にしこりが残る考えさせられるストーリーは、流石です。
    問題意識と、会社員としての成功が、セットで渦巻いて物語を推し進めてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月11日

    良く分からんが当時はそんな世の中だったのかな、ということが良く分かる。日系企業で出世していくことは中々大変だ。
    しかし、島耕作は女にモテ過ぎだよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月30日

    サラリーマン御用達のこの漫画。

    いいたいことを言う島耕作に、自分を重ねてみます。

    そして、程よい現実逃避感に浸ります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月17日

    大学時代の友人から 2年前の誕生日プレゼント として遅れてもらう。
    島耕作、ほんと偉大だよ。上の人間に逆らってでも正しい(と自分が思う)ことをできる人間がこの世に何人いるか。自分には到底なれっこない。
    共感するというよりも自分の情けなさがかえって浮き彫りになってちょっとやるせなくなったりもする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    言わずもがな、日本で一番有名なサラリーマン。
    今はもう社長さんです。そんな島耕作の新入社員時代

    劇的に面白いわけではないんですが、つい読んじゃいます。
    そして、島耕作の処世術に嫉妬


    弘兼憲史の漫画には独特のエロスが漂ってます。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年03月04日

    いやー島耕作はいつだって島耕作だぜ!
    1970年という、俺が産まれる前の時代を背景に、
    相変わらずの面白さ。
    当時の価値観も勉強になるし、懐かしのキャラクターもいい感じ。
    島耕作の不滅感すげー!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    bakara 2020年03月30日

    課長時代から始まった島耕作シリーズですけど、若い頃があったなんて当たり前なのに別人の話みたいな気がしました。

    このレビューは参考になりましたか?

ヤング 島耕作 のシリーズ作品 全4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • ヤング 島耕作(1)
    完結
    660円(税込)
    島耕作は大手電機メーカー・初芝電産に勤めるサラリーマン。出世に不利だとは知りながら、社内の派閥には属さず、誠実に仕事をこなしていた。確実に実績を伸ばしていった島は、若くして課長に昇進。その後も順調に会社へ貢献していく。これはそんな島の新人時代のエピソードだ! 無事研修を終え、第一希望の宣伝広告部門に配属された島。激動の時代、理想と現実の間でもがきながらも彼は着実に成長していた。
  • ヤング 島耕作(2)
    完結
    660円(税込)
    島耕作が所属する販売助成部で制作している、初芝のキャンペーン宣伝物が盗まれた。島は、初芝が使っている市場調査会社の人間が二重スパイなのではないかとにらむ。直接ただした島に、「もっと器用に生きろよ」と開き直る相手。島は直属ではないが面識のある中澤課長に悩みを打ち明けた――。尊敬できる先輩、同僚のしたたかな女、やっかいな取引先の上司……。さまざまな人々との関わりのなかで、島は自分の...
  • ヤング 島耕作(3)
    完結
    660円(税込)
    島耕作の上司、販売助成部の榊原部長はやり手だが、ねちっこい性格で部下からは嫌われていた。同僚がグチをこぼすなか、島は榊原部長の良い面を学ぼうと積極的にコミュニケーションをとることを心がける。仕事のやり方、料亭での接待、部下との付き合い方、そして男のけじめ――。スーパーサラリーマン、島耕作の原点は「ヤング」にあり!
  • ヤング 島耕作(4)
    完結
    660円(税込)
    販売助成部の部長は宇佐美に替わった。ほどなくして島は、彼の「恐怖の大王」というあだなの所以(ゆえん)を知る――。「サラリーマンには、組織に守られている安心と危険の両方が伴う」 初芝製品による死亡事故で責任を取らされた事業部長から、またひとつ会社で生きる方法を学ぶ。そして誰に気づかれることなく起こった日本人拉致事件――。島の'70年代は波乱万丈!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています