Sエス―最後の警官―(20)
  • 完結
  • 最新刊

Sエス―最後の警官―(20)

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

S史上最悪のテロ組織・アルタイル。特殊部隊SAT、SST、NPSが再び結集し、彼らとの総力戦が日本で始まる。

アルタイルの首領・槇の子どもを人質に、NPS隊長・香椎が選んだ最終決戦の舞台は東京湾・第二海堡。両者が激戦を繰り広げる最中、槇と警察庁統括審議官・天城が対面するとき、誰もが予想しなかった出来事が起こる・・・!?

日本の特殊部隊の真髄を描き続けた「S」、本巻にて遂に完結!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミック
電子版発売日
2016年07月01日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年02月04日

第20巻、堂々の完結編。
第2海保にて、アルタイルとの決戦が、始まる。
戦いの勝利は...

確保か制圧か、例え、どんな悪人も護って、法の下に裁きを受けさせる。

お前が本当に護りたいものは何だ?
なぜ犯罪者を護るのか?
護ることに理由なんか無い、
それは、俺が警官だからだ。

最後まで、護り抜く。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月19日

アルタイルの誤った選民思想から引き起こされるテロ。社会に不満を持つ者=自らの立場を社会のせいにする者=「浄化」だと思って無差別に人を殺戮することを厭わない者。そんな心理をあぶり出している本作のエピローグ。完結し、つかの間の平和が訪れたものの、テロの脅威はなくならないメッセージをどれだけの人が受けただ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月20日

30.13/10月中 マンガワンにて。絵も綺麗で一気に読んだ。あまりいないタイプの主人公、中盤の敵は信念と理屈もありカッコよかった。ラストにかけて敵がおかしくなってしまった感じ

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play