疑惑

疑惑

作者名 :
通常価格 590円 (537円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

雨の港で海中へ転落した車。妻は助かり、夫は死んだ――。妻の名は鬼塚球磨子(おにづかくまこ)。彼女の生い立ち、前科、夫にかかっていた高額な生命保険について、稀代の悪女“鬼クマ”と断定しセンセーショナルに書き立てる記者と、孤軍奮闘する国選弁護人の闘い。球磨子は殺人犯なのか? その結末は? 桃井かおり、尾野真千子らが熱演した名作推理サスペンス。明治の藤田組贋札事件を描く「不運な名前」併録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2013年10月04日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

疑惑 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    ganiwako 2020年09月26日

    全てのプロットが最後の一行のために敷かれていると感じました。
    小説の方がやはり、筋書き・展開どれをとっても一枚も二枚も上のような気がします。
    テレビはあくまでも今一番売れっ子の二人を登用しテレビ士立てにうまくできていましたが・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月26日

    初めて読む松本清張。短編が2つ入っており、松本清張初心者にはうってつけの読みやすい物語。
    表題作『疑惑』の最後の終わり方にゾワッとしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月02日

    桃井かおり主演の映画で鑑賞。
    桃井かおりの演技に惹かれてしまった。見るもの全てを敵にしてたかと思うと、同情を買うような演技。

    昔の映画だから食わず嫌いのところもあったが、観てよかった。次は原作!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月15日

    「鬼熊」ってあだ名だったら嫌だ。本名、鬼塚球磨子(おにづかくまこ)34歳。ホステス。身長171センチ、体重61キロの迫力ナイスバディ。顔はまあまあだが妖艶な雰囲気を持ち、性格は超ヒステリック。ヤクザの子分がいる前科4犯。めっちゃ怖いやん。そんな鬼クマには保険金目当ての夫殺しの容疑がかかっている。状況...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月14日

    再放送も含めて立て続けで「疑惑」のドラマが放送されたのに合わせて原作を読みました。

    ドラマは2時間という枠があるので、何となく分かりにくい印象がありましたが、原作を読んで、なるほど!と思えました。

    やはり、原作を超える映像って、なかなかないものです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月31日

    「疑惑」「不運な名前」の2作品が所収。「疑惑」は、雨の港から転落した車、乗っていた老齢男性の夫は水死、妻は助かる。前科のある女性ホステスのつま、夫にかけれた多額の保険金から憶測呼び書き立てるマスコミ。国選弁護人が、徐々に妻の嫌疑を晴らしていく。「不運な名前」の舞台は、北海道の月形にあった樺戸監獄。こ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年04月02日

    ドラマや映画を見てストーリは知っていましたが、
    主人公に置かれる人物が違っており、
    新たなストーリを見ているように感じました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年02月16日

    『疑惑』と『不運な名前』の二つの短編。両方とも名前が原因で冤罪をかけられたことで共通している。
    『疑惑』に関しては短編だから仕方ないかもしれないが物足りなく感じた。秋谷が佐原を殺したあと球磨子はどうなるかなど先の展開が気になった。
    『不運な名前』はゴールデンカムイを読んだおかげで樺戸監獄や熊坂長庵な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年05月11日

    表題作の「疑惑」は、ドラマで球磨子役の尾野真千子の演技がすごかったので読んでみたかったのだけど、原作はそこまでの迫力はなく笑。順番間違えたかも。
    もう1つは偽札の話。なんか漢字多めで読んでて疲れた。。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています