養生所見廻り同心 神代新吾事件覚  心残り

養生所見廻り同心 神代新吾事件覚  心残り

作者名 :
通常価格 701円 (638円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

書き下ろし時代小説、神代新吾事件覚シリーズ第3弾!

湯島天神男坂下で酒を飲んでいた新吾と浅吉は、突然、男の断末魔の悲鳴を聞く。そこから立ち去ったのは、「今、取り掛かっている仕事がありまして」と、重い労咳と知りながら、養生所に入室しようとしない新吾の知る浪人だった。息子と妻を愛する男の悲しき“心残り”とは?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
シリーズ
神代新吾事件覚シリーズ
電子版発売日
2013年06月14日
紙の本の発売
2011年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

養生所見廻り同心 神代新吾事件覚  心残り のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年10月25日

    20170205 単独のシリーズというよりは複数のシリーズの混在。半兵衛が丁度良いという判断には賛成。自分の好みにも合う。

    このレビューは参考になりましたか?

養生所見廻り同心 神代新吾事件覚 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 養生所見廻り同心 神代新吾事件覚  指切り
    書き下ろし時代小説、神代新吾事件覚シリーズ第1弾! 北町奉行所小石川養生所見廻り同心、神代新吾。南蛮一品流捕縛術を修行する、若く、未熟だが、熱い心を持つ同心である。新吾が、幼馴染みの養生所医師小川良哲、臨時廻り同心白縫半兵衛、手妻の浅吉らと共に、様々な事件にぶつかり、悩みながらも成長していく姿を描く。
  • 養生所見廻り同心 神代新吾事件覚  花一匁
    書き下ろし時代小説、神代新吾事件覚シリーズ第2弾! 血を吐いて、小石川養生所に担ぎ込まれた“おしま”は、労咳で病状が進んでいた。そこに訪れた、尾崎平内と名乗る浪人。彼女に優しい言葉をかける様子に、新吾は、仲のよい夫婦の姿を見る。しかし、賭場荒らしに絡んで調べを始めた新吾がたどり着いた2人の悲しい過去とは?
  • 養生所見廻り同心 神代新吾事件覚  心残り
    書き下ろし時代小説、神代新吾事件覚シリーズ第3弾! 湯島天神男坂下で酒を飲んでいた新吾と浅吉は、突然、男の断末魔の悲鳴を聞く。そこから立ち去ったのは、「今、取り掛かっている仕事がありまして」と、重い労咳と知りながら、養生所に入室しようとしない新吾の知る浪人だった。息子と妻を愛する男の悲しき“心残り”とは?
  • 養生所見廻り同心 神代新吾事件覚  淡路坂
    書き下ろし時代小説、神代新吾事件覚シリーズ第4弾! 孫・良吉に付き添われ養生所に通っていた老爺・五平が若い侍に理不尽に斬り捨てられた。祖父の死を悲しむ良吉に、新吾は仇を討つと誓うが、調べを進めるうち、相手が情け容赦ない手練の人斬りだと判明する。権力の笠の下に逃げ込んだ相手に、新吾は命を賭した闘いを挑む。その方法とは?
  • 養生所見廻り同心 神代新吾事件覚  人相書
    書き下ろし時代小説、神代新吾事件覚シリーズ第5弾! 小石川養生所見廻りの若く熱き同心神代新吾の活躍を描く書き下ろし文庫シリーズ第5弾。屋根から落ちた大工を運んで来た下働きの男は、名品の贋物を売り捌いて消えた錺職の人相書にそっくりだった。調べを進める新吾がたどりついた許せぬ悪と、夫婦と親子の愛。南蛮一品流捕縛術が唸り、押さえきれない新吾の怒りが爆発する!

養生所見廻り同心 神代新吾事件覚 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています